脇差:無銘 (末三原)

ご注文番号:21001

脇差:拵え入り

銘: 無銘 (葵美術では末三原と鑑定します)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 末三原と としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長: 51.9 センチ
反り: 1.5 センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 2.76センチ
先幅:2.62 センチ
重ね: 0.56センチ
刀身重量: 395 グラム
時代:室町時代中期頃
体配:身幅、重ね尋常な反りが深くつき鋒、やや伸びる。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき白気映りが現れる。
鎬地:小板目肌よく練れて地金の古さを感じさせる。
刃紋:小沸出来直刃にネズミ足が入り帽子丸く返り先掃掛となる。

特徴:本作は無銘であるが地金がよく練れて白気映りがあらわれるなど、三原系統の作品と考えられ
時代が下がる末三原と鑑定せられる作品です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に菊の紋様を透かし彫りをほどこす。 長州鍔
縁:頭赤銅魚子地に虎を2頭高彫し金で色絵をほどこす。
頭:赤銅魚子地に馬に乗る武者の図を高彫し金で色絵をほどこす。
鞘:青貝散らし鞘
目貫:不明
鐺:真鍮地に筋を刻む。
小柄:四分一地に人物と船を高彫りし金、銀、素銅で色絵をほどこす。

葵美術より一言:綺麗な地金に白気映りが出て
刃文は穏やかな直刃出来にネズミ足を
入れ明るく冴えた作品となります。
拵えもきちんとしており是非お勧めしたい作品です。

保証 保存刀剣 (保存刀剣に合格しなかった場合は即金
でお買い戻しを致します)
葵美術正真鑑定書 : 全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ