脇差:無銘(末保昌)

ご注文番号:18193

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(末保昌) 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(末保昌)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:1尺5寸2分(46.06センチ)
反り:4分(1.21センチ)
目釘穴:2個
元幅:2.39センチ
先幅:1.67センチ
重ね:0.45センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上げ無銘で身幅、やや細め、反りが深く
切先尋常な優美な体配をした作品
地鉄:柾目肌よく練れて地錵が付き柾目に沿って地景が現れる。
刃紋:錵出来直刃、刃縁柔らかく小足、柔らかく入り
格調ある刃紋                                 
帽子焼詰となり掃掛る。

特徴:末保昌とは保昌の流れを汲んだ南北朝時代の作品で
鎌倉期同様に柾目が良く働き、地景のある作品です。
大和5派、保昌、手掻、尻懸、当麻、千手院があり
いずれも寺院仏閣の僧兵の為に制作した刀剣と考えられます。 
著名な当麻、保昌が最も人気が高く手掻、千手院、尻懸が続く。

拵:半太刀拵え
鍔:円形の磨地鍔、耳は金色絵。
縁頭:鐺:その他金具:赤銅地に金で色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に馬の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
小柄:素銅地に人物を高彫りし金で色絵をほどこす。銘:安親

葵美術より一言:大和一派の中で最も人気のある保昌は
砂金極めて入手が難しいと言われている。
本作は柾目肌よく整い地錵、地景が良く働く。
中々市場にでてこない作品と言えます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ