脇差:無銘(新刀波平)

ご注文番号:17667

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(新刀波平)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(新刀波平)としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着一重
刃長:51.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.57センチ
先幅:1.94センチ
重ね:0.6センチ
時代:室町時代末期から江戸初期
体配:大摺上げ無銘で身幅、重ね尋常な切先がやや延びた作品。
地鉄:大板目肌よく練れて柾がかり地錵が良く付き
地景が激しく入り肌目が良く見てとれる。
刃紋:小錵出来匂口深く刃縁柔らかく深々と付き
のたれが混じり帽子同様に焼き詰め風となり掃掛る。

特徴:波平は古波平は平安期、中波平を鎌倉時代から室町時代前期、末波平を室町後半期を指すと言われております。
この作品は波平というより古宇多の傑作と考えられる作品で地金が良く練れて肌目が良く見てとれる作品です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。藻唐子一派。
縁頭:赤銅魚子地に武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に馬に乗る武者の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は保存刀剣で新刀波平と鑑定がなされているが良く練れた地金に地景が激しく入り
刃紋は匂口が深く付いた直刃にのたれ刃で私見では波平より古宇多あたりの傑作刀であると考えられます。
格調ある見事な匂口の深い地金の良い作品と言えます。
拵えも藻唐子で統一した一作拵えで刀身に良くマッチした作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ