脇差:無銘(新々刀海部)

ご注文番号:21280
脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘: 無銘(新々刀海部)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(新々刀海部) としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:53.9センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.9センチ
先幅:1.98センチ
重ね:0.615センチ
刀身重量:510 グラム
時代:江戸時代後期
体配:大擦上無銘で身幅、重ね尋常な反り適度につき鋒が伸びる。
地鉄:小板目肌練れて柾がかる。
刃紋:沸出来互の目乱れにのたれ刃が混じり、
鎬地に焼きが入り帽子、丸く先尖心に返る。

特徴:海部は阿波国海部現在では徳島県海部町の刀工群で
阿波の国の南端で土佐国への防御に当たる為
南北朝時代末期から海部鍛冶の発生が見られる。
その始祖は師久、氏吉などの説がある。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に武者を高彫し金で色絵をほどこす
縁頭:鉄池に花の模様を金で色絵を施す
鞘:小豆色の鞘に上下に紋様を入れる
目貫:牛の図柄を真鍮で彫りあげる。

葵美術としてより一言:海部鍛冶は山刀風の作品が多く右切り刃作りが多かった為、切れ味が素晴らしく軽率の脇差
重宝がられたと言われている、江戸時代になってからかなり地金も良
くなり刃紋は沈み心で切れ味を重視した作品を制作しております。
本作はまさに切れ味重視の作品で刀剣
博物館では新新刀海部と鑑定されましたが
もう少し時代が上がると考えます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 290,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ