脇差:無銘(伝 来国末)

ご注文番号:AS21626
脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)
銘: 無銘(伝 来国末)

中古刀:上作:山城
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(伝 来国末) としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長: 1尺7寸6分(53.33センチ)
反り: 6分(1.82センチ)
目釘穴: 1 個
元幅: 2.55 センチ
先幅: 1.9 センチ
重ね: 0.67 センチ
刀身重量: 435 グラム
時代:1319年 鎌倉時代末期
体配:大擦上無銘で身幅、重ね尋常な
反りの深い鋒ののびた体配のよい姿をした作品。
地鉄:板目肌よく練れて地沸が付き淡い映りが現れる。
刃紋:小沸出来直刃調に互の目乱れが混じり
刃中、匂口柔らかく足、葉が盛に働く。
柔らかな刃中に品の良い金筋がよく働きます。
帽子ゆるやかに乱れ込んで先返る。

特徴:来国末は来国俊の子供とも弟とも伝えられている。

拵:
鍔:お多福方の赤銅魚子地に桐と菊文を高彫し
金で色絵をほどこす。
縁頭:金無垢魚子地に雲龍を高彫する。後藤顕乗(花押 )。
鞘:黒色鞘
目貫:金無垢?龍の図柄を高彫する
栗型:金無垢で高彫する
小柄:赤銅魚子地に金無垢で龍を高彫りする。

葵美術より一言:本作の鞘書には磨り上げ二字国俊と
書かれております。過去は二字国俊として伝来された作品ですが
刀剣博物館では来国末と鑑定されました。
地金が極めてよく来を思わせる作品であり
刃文は匂出来互の目乱れに小丁子乱れが混じり
刃中に品の良い金筋がよく現れております。
瑕欠点のない素晴らしい作品です。
なを拵えは素晴らしい作品で
金無垢地の縁頭、金無垢龍を高彫する。
栗型も同様と考えられます。
相当位の高い武士か大名クラスの人が保有していた作品です。
是非お買い求め下さいます様お勧めできる作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 1,550,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ