脇差:丹後守藤原兼道

ご注文番号:21619
脇差:拵え入り(特別保存刀剣)

銘: 丹後守藤原兼道
菊紋一

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 丹後守藤原兼道 としては上々作にランクされる作品です。
新刀:上作: 良業物:摂津
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:54.6センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.09センチ
先幅:2.09センチ
重ね:0.66センチ
刀身重量: 515グラム
時代:江戸時代、寬文の頃
体配:ちょうど長さの良い地鉄と刃紋を焼き上げ鎬地板目肌良く詰んで地沸が良くつき
綺麗な地肌となる
地鉄:小板目肌良く練れて地沸がつき山城の澄んだ地鉄となる。
刃紋:二重刃がかった簾刃を見事に焼き上げる

特徴:京都2代吉道の次男で吉兵衛と称し直道とも称し、寬文12年70歳で亡くなる。銘の切り方は初代と二代はよく見ておりますが、初代銘は右側から名を切ることと、守の字の最後の6番めに点が下部にできるなど異なる部分があります。丹後守藤原兼道 は京丹波に属するために菊紋を彫ることを許されているため後部には菊と一を描き表面に丹後守藤原兼道と入れる。

拵:
鍔: 江州 彦根住藻唐子宗典と銘がある。耳は銀で覆われている。図柄は戦う人物を
高彫し金で色絵をほどこす
縁頭:赤銅魚子地に人物と海と鳥を高彫し金で色絵をほどこす
鞘:黒蝋色鞘
目貫:赤銅地に鉄線を高彫し金で色絵をほどこす

葵美術より一言:丹後守藤原兼道 の見事に焼き上げられた簾刃。 長さも十分あり重ねもしっかりとしており反りが深くつき切先も長い作品であります。刃中には砂流、金筋がよく働き刃紋は二重刃となり見事です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ