脇差:三品難波介直道(保存刀剣)

ご注文番号:22439
脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:三品難波介直道
新新刀:中上作:摂津

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 三品難波介直道としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:素銅地金色絵一重鎺
刃長:41.8センチ
反り:0.7センチ
目釘穴:2個
元幅:3.61センチ
先幅2.75:センチ
重ね:0.84センチ
刀剣重量:670 グラム
時代:江戸時代寛政4年
体配:身幅が広く重ね厚く反りが適度に付き鋒は伸び心。
地鉄:小板目肌良く詰んで地沸がつき綺麗な無地肌となる。
刃紋:沸出来直刃を刃区から焼き出し、その先沸出来濤乱刃風の作品となり互の目乱れに高低に変化があり帽子、丸く返る

特徴:三品難波介直道は6代目の孫にあたり因習寿格の門人で直格とも称し寛政3年に直道と改める。

葵美術より一言本作は脇差ながら670グラムの重量を有し鬼の包丁と言える様な作品です。一見すると尾崎助隆、手柄山正繁を思い出す濤乱刃の刃紋でよくできております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ