笄:無銘(古金工)

注文番号:F163573
笄:
銘:無銘(古金工)
松:長さ: 21.5 cm x 4.5 cm
時代:室町時代末期頃
特徴:赤銅魚子地にそれぞれ松の図を高彫りする。
室町幕府による治世がようやく安定して来た頃、それまで公家貴族たちのものであった優雅な文化が、連歌や茶の湯などの流行によって武士階級にも広がりを見せるようになってきました。そして刀装具においても、それまでには見られなかった装飾性が求められるようになってきました。「古金工」とは特定の流派ではなく、古後藤にも正阿弥にも属さない制作者不明の金工を指した包括的な呼称です。
葵美術評価鑑定書
価格:75,000円(消費税、送料共)
当社では委託販売および買取も行っております。
御希望の方は当社の委託販売規定買取規定をご覧頂きご連絡下さい。
電話03-3375-5553 メール:info@aoijapan.jp


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ