社長の一言

日本の企業の多くが海外の労賃の低さに見せられて特に中国へと進出しました。
しかしながら彼等の労働賃金も高くなり企業として採算に合わなくなってきた事と中国からの外貨の持ち出しが厳しく、折角儲けても日本に中々持ち出せないという現象があり進出した企業が工場を安く売り払いベトナム、インド、その他の国々に移動する場合が多い様です。企業が工場や施設を安くても売り払う事が出来ればいい方で、逆に退職金を請求されたり損害賠償を求められたりで散々な目に会っている日本企業が多く、今後中国に企業進出を狙うのを躊躇し始めているのが現状です。
一般的に日本人企業の良い所は約束を守ると言われておりますが、他国では約束を反故にするのが当たり前なのです。私の知人が中国に会社を立て経営をされておりましたが最後には乗っ取られてしまいました。法律もいい加減ですし日本人と中国人とは法廷で争っても勝つ見込みなどありません。そのような実態を良く見てから企業進出するかどうかを決めた方が良いのかもしれません。
また最近では東芝が米国の原子力会社を合併した為に大変な危機に至り破産も視野に入れて、どうにか体制を戻そうとしておりますが果たしてうまくいくのでしょうか。私見でありますが、日本人の優しさがドライで日本の企業を巧く利用しようとする合併相手の企業に手玉にされたといって良いかもしれません。実に甘い日本大企業の体質であると思います。欧米人と合併する時は余程念には念を入れてかからないと負けますよ。彼等は人の良い日本人を利用しようとしているのです。かつて優良企業の安宅産業が多額な融資金で石油石油精製プロジェクトの失敗は売上高2兆6千億円を誇る大企業であっただけに世間をあっといわせた。外国人の詐欺師同様な人物に巧く話にのってしまったと言われる事件で石油精製プロジェクトをカナダの穏やかな海岸に船を隣接して日本に精製された商品を運ぶという壮大な目的としましたが実はその隣接する湾は冬は凍結し全く使用出来ない事が建設を半ばに分かり撤退が出来ずに最終的に破産をしてしまった。勿論個人の美術品コレクションや色々な公私混同などもあった訳ですが、融資を頼まれた銀行の審査の甘さも注目されます。もし審査の過程で気が付いていれば投資から早期に撤退が出来たのでしょうに。特に気をつけなければならないのは海外の企業の合弁や企業買収では余程念入りに調査しないと東芝の様な事態となるのです。
かつて東芝は米子会社の原子力会社ウエスチングハウス(WH)を買収し子会社としておりその会社が米原子力サービス会社のCB&Iストーン・アンド・ウェブスタを買収した為その価値はかなり低く損失額は5000億円といわれ、これも米国人社長によっていいように明確に言えば騙されてしまったのです。

東京都の豊洲問題は石原前都知事の証人喚問となり、そして都議会の百条委員会で討議される結果となり、罰則規定がある為にある程度事件?は判明するかもしれません。石原氏の息子の石原伸晃氏が小池氏を都知事選挙で自民党から擁立に反対した為に皮肉にも父親を苦境に立たせてしまったという事に成りますが、この事によってかなり都の暗闇の部分が見えてくる事になりました。皮肉にも彼の功績大です。都民が今何を考えているのか考えもせず自民党による政治を都民に押し付ける方法しか考えていなかったのです。米国の選挙でも同様な事がいえますね。国民が今何を考えているのか熟慮をして行動しなければならないという事です。今後オリンピックや豊洲市場において収賄事件があったのかどうか金銭のやり取りにいたるまで踏み込まれるかもしれません。いずれにせよ国や都のお役人様のおやりになる事はアクドイですね。
文科省の天下り問題、国有地の不当な払い下げ価格に関連して安倍総理大臣の昭恵夫人が小学校の名誉校長を辞任することになったのは何故なのか。小学生をしっかりと教育する目的で建設が進んでいる小学校の国有地が何らかの意図によって操られていたとすれば問題です。
学校法人「森友学園」が大阪府豊中市内の国有地を落札した後に土地の下にゴミが堆積しているという事で落札価格を大幅に値引きしたと言われております。近隣国有地の約1割の価格で売却する事になったのですからこれは問題です。
市と学校との間でどのような取引があったのか注目が集まっております。はたして取引に国や市が大きく関与しているかどうか、汚職があったのかどうか明白にして欲しいと思います。

神経剤VXで金正男氏毒殺された事件は大使館員らを含む北朝鮮国籍の少なくとも8人の関与が疑われており、北朝鮮の国家犯罪である疑いが濃厚になったと報道されております。
北朝鮮は今後一層孤立していく事になり、何をしでかすのか皆目分かりません。きっと内乱が発生し金正恩は失脚、または逮捕されるかも知れません。
何が起こるのか予想出来ない事件が次から次へと発生しております。地球が狭くなり情報が氾濫し手軽に行動する時代へと移っております。太平洋戦争は3年と10ヶ月近くかかりましたが今では1週間も掛ければ大型の戦争は終了してしまうのです。将来イスラエルと中近東との間で戦争が勃発するでしょう。情報が簡単に集まり、自分たちが不当な差別を受けていると分析し怒りが向けられるのです。
中近東も軍事力にかなり力をつけイスラエルに対して強い不満が鬱積しております。今では軽量な爆弾(原子力)がドローンで他国に攻め入る事が可能となり不満が爆発した時恐ろしい戦争が起こるのです。ヨーロッパでは数多くの難民が押し寄せてきます。これに反対する勢力が米国のトランプの様に同じ意見が幅を効かせてきているのです。幸い日本は海に囲まれておりますので大量に難民が押し寄せる事態ではありませんが、今後ヨーロッパは完全に閉じてしまった時は日本にやってくるのかも知れません。
日本の難民認定者数は106人です。米国が2万1000人、ドイツ1万1000人、マレーシア1万5000。恐らく日本に対する風当たりが強くなってくるでしょう。しかしながら日本の労働力は極めて厳しく、老人が多く、どうしてもあらゆる方面で仕事を行う人々が必要となるのです。しかしながらもし厳しい不景気が世界を襲う事になったならこれらの一旦入国した難民をどのように扱うのか今から考えておく必要があるのです。難民が日本で結婚をし子供達をどのように教育したり文化と同化させていくのか。宗教、文化の違い水と油の様であったならどの様に融合させるのか難しい問題が山積しております(まさか油と酢と卵の黄身を入れてガサガサ揺すればフレンチドレッシングが出来るという訳にはなりません)。今日、実は大学病院に行ってまいりましたが、正に老人病院という有様でした。外国から来た看護士さんに見てもらいましょうか、贅沢などいっておられませんから。

皆様嫌な事件が次々に起こっております。今の平和な生活に安堵して楽しく過ごしましょう。
おじいさん、おばあさんを大切に奥様に労りの言葉、行動をして上げて下さい。 
子供達には厳しく躾け明るい笑顔を向けてあげて下さい。 
弱い人たちに手を貸す優しさを育てて欲しいと念じてます。

それでは皆様御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 代表 鶴田一成

ページトップ ご注文フォーム お問合せ