社長の一言

首相の国民を無視した驕りによって自民党支持が30%を切り危うい状態となりました。かつて自民党が下野し反省を込めて再出発した結果、国民の支持を再び獲得しましたが又も同様な事態に至りました事は反省が全くなく国民を甘く見ていたという結果です。世界ではフランスでもそうですが大統領マクロン氏は弱冠39歳。「左派でも右派でもない政治」を掲げて無所属で立候補し右派であるルペン氏を破り、現状の政治に不満を持つ有権者の支持を集めました。そして大統領に選ばれました。なぜ大物でない知名度の低かった人物が大統領になり得たのか。国民は既存の政党政治の行動と変わらない政治姿勢に飽き飽きしていたと考えられます。 
この度の自民党の支持が急激な凋落となった事実は極めて深刻であると考えます。それに変わる政党が出るのを国民は期待しているのです。都民ファーストがその代理を努められるかが最も関心のある所です。その為には勝利に酔いしれている状況ではありません。今直ぐにその都民が期待した結果を常に出し続けていかなければなりません。未だに結果が出てきておりませんし都民ファーストの議員が何を行っているのかも報道されておりません。この様な状態ですと、素人集団である都民ファーストはとても国政へと影響を及ぼす事は出来ませんし、やがては急激に風船はしぼんでいくかもしれません。残念ながら。

民進党も余程考えないと自民党と同じく将来議席を無くすでしょう。いい人材はいるのですが各自がバラバラで枝野氏前原氏では党を巧く運営できないかも知れません。泥仕合の様相となっております。安易に民主党と維新の会をくっつけて一つの会である民進党を作りました。この安易さがそもそも失敗なのです。コマンダビリチー(指揮能力)の無さが、過去与党として政党を運営していた党か思うと。余程、褌の紐を締めないと惨敗するかも知れません。水鳥の羽音に驚き慌てて逃げ去るなんて事のない様にしっかりと固める事です。
稲田防衛大臣は失言の問題と日報隠しの件で辞任致しました。私は首相の任命責任が大きいと思います。自衛隊は海外から見れば軍隊であります軍事予算は約5兆円で世界8位と考えられております。自衛隊を維持する為に最も重要なのは隊員の士気であると考えます。その為には防衛大臣は男性にするべきです。他国と交渉したり隊員をしっかりと鼓舞しながら掌握していく必要があるからです。元々軍人(隊員)は女性の上司から支持される事を快く思っておりませんし他国の軍隊の高官と交渉したり訓練を共にする性格上トップは男性であるべきなのです。恐らく世界広しといえど軍隊のトップたる大臣が女性であるのは希有であると考えます。女性蔑視ではありません。適材適所にする必要があるのです。防衛大臣は女性には向かないと私は考えます。更に稲田氏は首相さえも靖国神社への参拝は取りやめている中で堂々と靖国参拝を行って中国や韓国から厳しい批難を浴びております。勿論靖国参拝に関しては賛否両論はありますが、トップに立つ人物が他国との間でもめ事を増やす行動は慎まなければなりません。阿部首相は任命の選択を誤ったと考えるのです。

日本刀葵美術日誌
御委託を受けた品物(井上真改、大和尻懸)が販売出来てホッと致しております。当社では保存を保証している訳ではありませんが間違いなくとれると確信致しております(もし取れなかったら信頼を失う事になります)。最近委託品のお問い合わせや鑑定依頼が多くなって参りました。鑑定を依頼される方にお願いしたいのはメールでの問い合わせは綺麗な茎の銘の部分の写真をお送り下さい。鑑定というのは銘の部分が極めて重要なのです。
私が最も信頼するT先生は鑑定される時は刀身を見てからじっくりと銘を確認し更に正真間違いの無い銘の参考書を取り寄せ十分に納得してから判断をされておられます。慎重の上に慎重と銘を判断される態度に私は感心致します。必ず(鶴田さんはどのように見ておられますか)と聞かれ返事に窮すると丁寧にお話をされます。鶴田さん一文字に皆焼があるのをご存知ですか?とゆっくり諭しながら話される態度に,一層信頼を致しております。鞘書も見事で炭は明墨を使用し1字1字丁寧に書かれます。私も先生の真摯な研究態度に少しで近ずける様に頑張っている訳です。

業者間での取引で最近感じられるのは名品が極めて少なくなってきているな。と感じさせられます。 名品は高く一般の刀剣はかなり安価になったと感じられます。脇差なども安価で購入出来る様になりましたので選別をされ良品を是非お求めください。注意:最近刀剣博物館で発行する保存刀剣鑑定書の偽物が出回っているそうです。かなり精巧に出来ているそうですので皆様十分気をつけて下さい。詳細な部分が分かりましたら皆様方にご連絡させて頂きます。

学校での教育問題
先日私は読売ランドに隣接する丘の湯に行きましてのんびりと数時間を過ごしました。
食事は丘の湯の人気メニューかつカレーにビールを頂きました。 糖尿病にとって最も悪い食事なのですがたまには良いのではと考えたのです。ノンビリと風呂に入り満足をし、帰り際靴を履こうとしていた時に「ラッキー」という子供の声が聞こえてきました。靴箱は100円を入れて鍵を掛け帰る時に鍵を開けると100円が戻る仕掛けになっているのです。その子供はお客さんが取り忘れた100円を目敏く見つけ自分の物にしようと考えていたのです。私はそれに気が付き注意をしようと立ちあがりかけました。私は「坊や、人様のお金を照っては行けませんよ。そのお金は人様が忘れていった大切なお金です。受付に渡してきなさい。そうすれば君の正しい行いに100円をおじさんががご褒美として差し上げよう」と言いかけた途端、その子供のオジイさんが「良かっね。ラッキー」と二人で喜んでいる有様に呆れ、まーいいかと注意をせずに帰ってしまいました。しかしながらその時にオジイさんがいても注意をするベキではなかったかと考え込む昨今です。
以前皆様に本屋を営業している私の知人が店を辞める決心をしたと書きました。
理由は万引きが多く、堪忍袋の尾が切れたという事で万引きの実行犯の学生の名前を貼り出した所多くの嫌がらせや批判が出た為なのです。1册500円の本の準利益は50円くらいなのです。すなわち500円の本が万引きされると500円の本を10冊も販売しなければ元がとれないのです。以前韓国の学生と日本の学生のサッカー親善試合が行われ日本の学生サッカーチームの選手達が集団万引きが行われ、私達日本人は赤っ恥をかきました。
最近の学生の行動を見ていると学校でも家庭でも教育が偏っているのではないかと考えるのです。すなわち教育の教は塾と同じ様に行われ、学生を教育の育の部分すなわち育てる部分が欠落しているのではないかと考えるのです。道徳を身につけさせ少なくとも泥棒や嘘をつかない学生、助けを必要とする人物に手を差し伸べる勇気を是非持ってもらいたいのです。道徳教育とは決して昔の言葉ではありません。現在の複雑な世界、ネットの世界となり人と人とのコミニュケーションが希薄となり無味乾燥な世界に至った時代に他人を労る人の親切さ、励まし、より深い信頼が必要となってきたと考えるのです。何故人様の品物を盗んではいけないのか、何故人に対して優しく接しなければいけないのか。何故国語、社会、英語、理科、算数、体育を学んだ法が良いのか、何故本を読まなければいけないのか。と単に勉強を教えることではなく勉強を自ら学ばせる方法、励まし、動機付けを子供達を育てて欲しいのです。現在教育の教ばかりが強調されている為知識のある人物が日本を支配しております。学校のトップである校長先生は教育委員会を崇め教育委員会は文部省を崇めて学生や父兄、一般庶民にはないがしろにする傾向があるのです。これが今回発生した文科省に縄張り組織であります。自分たちの天下り先をどんどんと広げ国民を無視して自分達は甘い汁を吸う。国民は皆そう考えているのです。私達はそこには期待が持てません。  
どうか一人一人が子供達を育てるという気持ちで躾を厳しく目的意識を持たせ動機付けを行いそれを草の根運動へと発展させようではありませんか。先生方は類い稀な子供達を教育するという素晴らしいご職業に就かれておられます。決してお金にはなりませんが子供達が先生の後ろ姿を見て育ち、やがて立派に育った大人になり、そこに満足感を充足させて欲しいのです。

仰げば 尊し 我が師の恩
教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ)
思えば いと疾(と)し この年月(としつき)
今こそ 別れめ いざさらば
互(たがい)に睦(むつみ)し 日ごろの恩
別(わか)るる後(のち)にも やよ 忘るな
身を立て 名をあげ やよ 励めよ
今こそ 別れめ いざさらば
朝夕 馴(な)れにし 学びの窓
蛍の灯火(ともしび) 積む白雪(しらゆき)
忘るる 間(ま)ぞなき ゆく年月
今こそ 別れめ いざさらば

今でも立派に通ずる歌ではないでしょうか。
やがて幼稚園、小学校、中学校にこの歌が歌われる日が来ます様に祈っております。

ご老人を労りましょう。 子供達には厳しく躾け、なぜ、なぜという言葉は貴方を信頼している証拠です。丁寧に身を乗り出して答えてあげて下さい。そして目的の動機付けを行って下さい。
奥様とは仲良く労って下さい。今生きている自分は永遠の過去と永遠の未来がありその狭間の、たったの一点に立つある自分を見つめ。生まれた事を感謝し楽しく生きていきましょう。やがては永遠の未来がまっているのですから。
時間という観念があるつすれば数百億年の後に今息をし5感を保有し喜び楽しみを感じやがて死にその後数百億年が将来経過していく正に奇跡の世界にいる私達なのです。
生きている自分を大切に! 楽しんじゃおー!

それでは皆様御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成

ページトップ ご注文フォーム お問合せ