社長の一言(令和2年3月24日)

4月ブログ

コロナは世界的に流行となり
ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、アメリカ
南米諸国すなわち全世界へと広がりを見せました。 
幸い中国は勢力が衰え日本も終息に向かいつつ有ります。
なぜ日本は終息に向かうのか、
日本が島国で周りを海に囲まれている事で
隣国からはなかなか入ってこない
空港や港を閉鎖する事で
ほぼ完全にコロナの病原菌を防ぐ事が出来る。
日本には綺麗な清潔な水がふんだんにある事
日本人の挨拶、礼儀作法が海外とは異なる。 
すなわち人の面前で抱き合ったりキスをしたりしない。 
さらに日本人は風評に関して敏感である為上からの命令に
良くも悪くも従う性格があるといえます。
現在は海外からの帰国者やあ外国人が
コロナを持ち込んできているので
早く海外からの旅行者を止める事でコロナを収束できると言えます
今回のコロナに関してまずかったのは司令塔がなかったという事です。 
政府は慌てふためいて学校閉鎖にふみ切りました。 
北海道でのコロナの集団感染に驚いたと思いますが、
落ち着いてよく考えれば閉鎖によって
多くの学生が映画や集団で遊ぶ場所に行く事になるのです。
もし文部省のお役人様がコロナが発生した学校を閉鎖し
徹底的の消毒を行い学生には家を出るとき
石鹸で良く手を洗い出来たならアルコールで消毒し
マスクをマスクを着用させて時間差で学生を学校に戻し
学校では更に水道で手洗いを実施し
アルコール消毒を行い静かに期間を定めて
運動や静かに学習に専念し
運動は2週間は行わずに今回のコロナについて
話し合えばおそらくこれ以上の悪化はなかったと考えます。 
学校は避難場所として取り扱えば
病気が出た場合は管理がしやすくなるのです。
学校封鎖してもしなくてもコロナは存在するのです。
数千という学校から学生が自宅待機をすれば
当然映画をみたり皆の集まる場所に行きたがるのです。
何万人という学生が家に静かにしているというのは無理な話なのです。 
文部省では学校閉鎖となりましたが、
さて学校は清掃作業が行われているのですか。 
北海道で集団コロナが発生した時はその学校を一旦閉鎖し
(今まで全く無防備であった為)完全に学校特にトイレや
廊下、を中心に消毒し、学生を時間差で上記の様な手洗い、
消毒を行わせて通学させれば良いのです。
更に日本の全学校に対してこの様な手続きを行って
通学させれば問題はなかったのです。
慌てふためいて誰かの意見に惑わされ
首相は全ての学校閉鎖に舵を切ってしまいました。
過去から多くの流行のあった感染被害が有りましたが
一向に当時の反省点はなく、おたおたとした態度で
効果的な行動や指揮系統が不在でした。
今回のコロナの発生から終焉する迄良く見つめながら
今後はすぐに行動がでくる様にしなければなりません。
先に書きました様に将棋や囲碁では10数手先まで読んで戦うのです。 
こう出たらこうする、と読まなければなりません。
コロナであったから時間の経過をはかりながら
対応が出来たものの突然発生する関東大震災程度の
地震が発生したならばどのようにお役人様を行動するのであろう。 
考えている暇はありません。
帰宅避難民、火災、怪我人、道路封鎖、食料、水 
自衛隊、警察に要請する事項、避難場所、
隣の県にたいする東京都民の避難場所の提供要請
学校に対する避難場所に要請、強制的な道路や建物の破壊 
他県に対する要請事項んどをテキパキ行わなければならないのです。 
今からこの複雑な東京、大阪などが即座に出来る様にシュミレーションを行い
都市計画を今から行い不必要な建造物は取り壊しを行い
今からその災害が発生した時のどう動くのかを検証しておかなければならないのです。 
隣国の台湾や香港は素早く見事な管理で
このコロナに対して殲滅する様に次から次へと実行していきました。 
マスク1枚にわたるまで又違反者には逮捕命令もが行われているのです。
その見事な対応は世界から絶賛されているのです。
我が国は 皆様のご意見に任せます……
私は個人的な考えですが日本のお役人様を管理する
システムに問題が有ると考えるのです。
官僚とされるお役人様は国家試験上級職で
決まりさらに学閥によって将来偉くなるか?
通常のお役人になるかが決まるそうです。
検察官僚、税務署でもそうですが所長さんは20代で
帽子に金線をつけて40代50代の警察官を引き連れて
警察の立派な部屋で仕事をなさっております。
税務署の所長様は大きな部屋で一人で仕事をなさっております。 
あまりにも開きが有るのでは有りませんか。 
若い署長様が研修であちこちに回るともっと偉い?職につかれます。
そのトップに立った官僚様は上から下に対して命令をだし
下は上の命令を常に伺う体制となっているのでは有りませんか。
厚生省や文部省で勤務される職員の方々には彼ら以上に
能力のある者が大勢いるのですがこの巨大な組織では
有能な部下を使い切れていないと私は考えるのです。 
提言は意見をいっても採用されなかったり、意見を自分の物としてしまう
傾向はないのではありませんか? 
良い仕事をされた方にはこそ優遇し遣り甲斐のある仕事や
給与をあげる組織にしなければならないと考えるのです。
森友学園の事件では真面目な職員が自殺され
この度遺族の方が裁判に訴えられました。 
国民の利益は考えず上の人物にご機嫌を伺い見返りを求める姿勢が実に汚い。 
残念なのは自殺者がもし国民に向かって事実を話していたならば
かなり変わっていた事でしょう。当然上からは睨まれ
自殺以上の苦しみがまっていたかも知れません。
お役人様どうか国民の為の仕事をなさって下さい、
下の者は上をみて上の者は下に命令する今の官僚組織を壊さない限り
いつまで立っても問題は解決しないのです。  
少なくとも下からあがってくる良い意見は取り上げて
テーブルに載せその提案者に更なる評価をして上げる土壌を築き上げていって欲しいのです、

省庁では国民の為に出来るだけの無駄を省き国民の税金を大切に使う必要があるのです。
過去巨大な津波が発生した時被災者に過度のばらまきがありました。
このコロナウイルスがほぼ収束したなら巨大な税金が
企業、商店、に投入されるでしょう。
その税金が無駄に使われ得ない様にして欲しいのです。
当然有効に使用されるのは当然ではありますが。   
その為には有能な職員に依頼して素晴らしい仕事が出来る事を期待しているのです。
以前松戸市長が何でもやる課をたちあげました。
この巨大な官僚機構をなんとかしないと
現代の日本には合わなくなっている事を偉いお役人様は理解して下さい。
20日総理は文部省に対して学校の閉鎖を解くので
文部省に国民にたいしての指針を発表する様に話、
文部省では至急まとめるとテレビで放映されました。
これには苦笑してしまあいます。 
既に完璧に国民に発表出来る段階にはなってないのですか? 
なぜ、すらすらと返事が出来ないのであろうかと驚きました。 

折角有能な職員を使い切れる体制をしないと今回のコロナ騒動が
再び発生してもまた同じ様なごてごての仕事であたふたするのではありませんか。
今回のコロナが中国で発生した理由から遡って理由を突き止めどのようにすれば
このコロナを止める事ができたのかを研究し分厚い資料のなかから
エッセンスとなる簡易な文面にまとめあげ即座に行動が出来る様にしなければなりません。 
コロナでまだ良かったと私は思います。 
関東大震災であったなら大変な事になっているでしょう。
今回のコロナ事件によって巨額な国民の税金が困った業者や団体に投入されます。 
又数万円の現金を国民に手渡す試みがとられそうです。  
決して現金の投入は行っては行けません。 
出来るのであれば米国のフードスタンプで食料品を購入したり
演劇を見たりする時のものに限定するベキなのです。
現金を手渡す為には巨額なお金がかかります。 
又差し渡したお金が本当に彼らによって使われる保証はないのです。  
この事はあまり追求すると大変ですから皆様の想像に任せます。
いずれにせよ現金を国民にばらまく事は絶対に避けるべきなのです。
まだ消費税を下げる方が効果的であろうと考えます。
オリンピックは当然1年の延期となるでしょうが
莫大な損失があり税金が投入されるでしょう。 
仮にオリンピック開催されるにしても日本の意見を飲ませる様にしてほしい。 
1年後の秋です夏ではなく! 米国の意見ではなく日本の意見を通して下さい、 
外国には猫を借りてきた様な態度でなく正論をぶつけて
喧嘩するくらいの意見の応酬があるベキなのです。 
国内には強く国外には猫の様ですよと言われないで下さい。
コロナはそれほど心配する必要はないと考えます、 
空港でおりる旅客を充分に調べれば問題はないと考えます。 
皆様手を良く洗いウガイをし顔を洗いますくをすれば何ら問題は起きないのです。 
ところで今待ちを歩いて不思議だと思いませんか、  
皆マスクをしてりう中でしていない人々がおります。
それは老人ばかりなのですよ。いつ、いっても薬屋さんにはマスクが売ってないのですよ。
あきらめているのです。政府は、厚生省は一体なのをしているんでしょうね。
まず肺炎になりがちな老人にマスクを売ればいいにではありませんか。

皆様桜が満開となりました。コロナを忘れて静かに鑑賞しましょう。
ご老人を労りましょう。奥様を大切に 
今旅館がガラガラです。こんな特に温泉に入ってのんびりしましょう。
お子様を厳しく躾け、よく話を聞いて動機付けになる事を示しましょう。
お子様方と自然な場所に散歩やハイキングをして自然に触れさせましょう
きっと将来大きな財産になるでしょう。

それでは皆様ごきげんよう
日本の政治を良くする会  ドンキホーテ 会長 鶴田一成


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ