短刀:義重作

ご注文番号:19433

短刀:拵え入り

銘:義重作
慶應四年二月吉日

新々刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は義重作としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ  素銅地
刃長:20.6センチ
反り:0.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.34センチ
重ね:0.59センチ
刀身重量:125グラム
時代:江戸時代慶応4年
体配:身幅、重ね尋常な三つ棟となり、
しっかりとした体配の良い短刀。
地鉄:小板目肌よく詰んで無地の地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れに大互の目乱れが交り
帽子:錵の匂口深く付き、丸く返り焼き下げ下げる。

特徴:義重は武蔵の刀工で明珍島田住人源義重作と
銘を切る刀工と考えられます。有名な刀工では有りませんが、
しっかりとした作品で錵出来互の目乱れを綺麗に焼き上げております。

拵:合口拵え
縁頭:角
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地に鼻の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅地に編目模様に亀にの図柄を高彫りし
金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:著名な作家では有りませんが
真面目に互の目乱れを焼き上げております。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 150,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ