短刀:相州住廣正(時代室町後期)(保存刀剣)

ご注文番号:AS22225

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:相州住廣正(時代室町後期)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 相州住廣正(時代室町後期)としては 上々作 にランクされる作品です。
末古刀:上々作:相模
研磨済み
鎺:金着一重
刃長:7寸6分 23.03センチ
目釘穴:1個
元幅:2.31センチ
重ね:0.6センチ
刀剣重量:150 グラム
時代:室町時代後期頃
体配:身幅、重ね尋常で三つ棟となり表に草の剣巻龍をほり裏には梵字を彫る。
地鉄:小板目肌に映りがあらわれる。
刃紋:小板目肌良く練れて地沸が付き返りが深く皆焼風となる。

特徴:相州住廣正は室町時代末期相州の刀工で相模において刀剣を製作する。初代廣光の門人で、短刀の製作が多く彫り物にも優れ本作では草の倶利伽羅をほどこしている。相州伝は秋広以降あまり活躍する刀工が出なかったが、文明以降から名工が現れ始め、寛正、明応と彫りの優れた相州伝が多く活躍することとなった。

拵:
鍔:赤銅地に滝と建物を高彫し金色絵をほどこす 銘:元寿
縁頭:四分一地に竹の金色絵を施す。
鞘:黒塗り鞘。松の葉を色絵で描く。
目貫:虎を高彫る
小柄:四分一地に蝶と牡丹を彫る
小刀:六歌仙を見事に掘り上げる  銘:除雷伊賀守藤原金道

葵美術:本作はしっかりとした作品で、見事な彫りや地鉄をもつ名品です。拵えも出来が良く是非お勧めしたいです。

葵美術正真鑑定書  保存刀剣
:全身押し形
※海外送料別途
  
オークション開始価格 450,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ