短刀:濃州関住兼氏

ご注文番号:18115

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:濃州関住兼氏         

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は濃州関住兼氏としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:26.5センチ
反り:0.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.60センチ
重ね:0.46センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅、重ね尋常な反りのない短刀で
表側に棒樋と添え樋更に棒樋を彫る。
裏側には3本の細めの樋を彫る
地鉄:小板目肌よく練れて肌立ち肌目が良く見て取れる。
刃紋:錵出来小互の目乱れが刃区より帽子近辺まで続く。
帽子:先尖りごころに返る。

特徴:濃州関住兼氏は美濃の刀工で兼氏と称する刀工は
南北朝時代から室町時代末期まで多くの刀工が存在する。 
いずれも美濃刀の特徴である板目肌が練れた作品が多く
切れ味を重要視して制作がなされたと言われている。

拵:
鍔:素銅地に銀色絵
縁頭:縁には魚の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
頭;素銅地で蛸の図柄を高彫りする。銘:舎章子  光常?
鞘: 焦げ茶色印籠刻み鞘
目貫:素銅地で波間を泳ぐ亀の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:素銅地で伊勢エビの図柄を高彫りする。

葵美術より一言:濃州関住兼氏は美濃独特の板目肌が練れた作品で
地鉄の肌目が良く見て取れます。刀の制作は少なくほとんどの刀工が
短刀や脇差、槍の制作が多いのは不明ですが、
有る意味では得意な部門の分業体制が出来上がっていたのかも知れません。 
拵えは見事な作品で海尽くしの一作拵えで華やかな図柄が洒落た雰囲気を
醸し出す見事な作品です。戦国時代には数多くの短刀が制作されましたが江戸時代に
なると激減し美濃の刀工達は生活の為地方へと移住する者が増えた時代です。

時代背景:戦国時代

保存刀剣鑑定書(※H30年12月下旬に発行予定)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム


ページトップ ご注文フォーム お問合せ