短刀:清光

ご注文番号:19421

短刀:拵え入り

銘:清光

新々刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼綱としてはにランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重 金着二重  素銅地  銀一重  銀二重
刃長:9寸2分(27.88センチ)
反り:6厘(0.18センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.08センチ
重ね:0.85センチ
刀身重量: 325グラム
時代:江戸時代後期
体配:身幅が広く重ねがっしりとした(0.85cm)作品でほとんど反りのない作品
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付きやや肌立つ地金となる。
画像ではあまりよく見えませんが、ヒケ瑕が所々にあります。
拭いをかける事でより良くなるでしょう。
刃紋:錵出来直刃にのたれ刃が交りやや匂口が深く
刃中、弱い金筋、砂流が入り帽子丸みを帯びて掃掛て丸く返る。

特徴:清光は加賀の刀工で播磨大掾清光が有名で
その他非人清光と云われた長兵衛清光が良く知られている。
当時日本刀の注文が激減した為生活に困窮をきたし
刀工にとって極めて厳しい生活を
せざるを得なかったと云われております。
 
拵:
鍔:鉄地のはみ出し鍔に耳を立ち上げ
耳の横には草花の文様を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に筋模様を彫る
鞘:黒石目地鞘
目貫:赤銅地で文様を(不明)高彫りする。古美濃や古後藤

葵美術より一言:ほとんどの清光は直刃出来が多く
やや華やかさには欠けるが真面目さには注目される作品です。
がっしりとした作品で拵えは古く華美な部分は有りませんが目貫
の極赤の色合いは素晴らしく是非御薦めしたい作品です。

保証:保存刀剣 (保存刀剣に合格しなかった場合は即金でお買い戻しを致します)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 200,000円(消費税、送料共)商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ