短刀:正重(千子)

ご注文番号:20519

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:正重(千子)                               

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 正重(千子) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:22.7センチ
目釘穴:2個
元幅:2.22センチ
重ね:0.51センチ
刀身重量: 125グラム
時代:室町時代末期 大永
体配:やや小振りで三つ棟で身幅、重ね尋常な体配の作品
茎はタナゴ腹で先剣形となる。
地鉄:小板目肌肌立ち、地沸が付き白気映りが見て取れる
刃紋:表裏の刃紋が揃い匂いでき風の高低のある互の目乱れを焼く。刃中に金筋がはあたらく冴える。

特徴:千子村正の門人で作品は短刀が多く作風は村正と変わらない。

拵:合口拵え
縁頭:鉄地に花の模様を描く
鞘:黒石目地鞘
目貫:赤銅地に花の図柄を高彫し金で色絵をほどこす

葵美術より一言:正重は千子一派で村正の門人であります。作風も師匠の作風を守りよくにた作品を制作します。
帽子の刃文が若干弱いのが残念ですが、茎美しく、地金素晴らしい。
短刀の制作が多く村正のタナゴ腹に茎の尻は同様に剣形になっております。 
かなり重要刀剣に指定されております。最近は村正の人気の高さと共に正重に人気も出てきております。是非お求めください。

時代背景:戦国時代

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ