短刀:広正(相模・時代室町後期) 

ご注文番号:19435

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:広正(相模・時代室町後期)

末古刀:上作:相模
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は広正としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重  
刃長:28.33センチ
反り:0.21センチ
目釘穴:1個
元幅:2.69ンチ
重ね:0.49センチ
刀身重量: 175グラム
時代:室町時代後期
体配:身幅がやや広く重ね薄く反りが少し付き、長寸の平打ち短刀
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地金に大肌が交じる
刃紋:錵出来に食い違い刃が交り
匂口やや深めの直刃、互の目乱れが交り
刃中、砂流、細かな金筋が交り帽子丸く返り掃掛となる。

特徴:相州住廣正は相模の刀工で、出自については相州正宗の門人説、
相州広光または門人とする説、相州正広の子とする説などがある。
南北朝前期頃の初代にはじまり、以降室町時代中期の永正頃まで五~六代を数える。
初代広正には暦応(りゃくおう)三年(1340)の作が確認されている。
相州広光の流れを汲んで華やかな皆焼を得意とする。

拵:
鍔:赤銅、はみ出し鍔
縁頭:鉄地に梅の花を高彫りし、金、素銅で色絵をほどこす。
鞘:変わり塗り鞘
目貫:赤銅地に蜂の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
小柄:赤銅地に松と鳥の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:広正の代別は難しく不明ではありますが
三つ棟となりやや肌立つ地金と刃紋の匂口の深めの刃紋は相州伝としての貫禄を感じさせます。
はばきに隠れた部分に大肌があるものの大振りで遠くは
正宗を彷彿とさせその流れを汲んだ広正を思う時時代の流れを思わざるを得ません。

保存刀剣鑑定書  
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ