短刀:剣竜子貞晴鍛之/金宝城焼以古刀

ご注文番号:18386

短刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣鑑定書)(保存刀装具鑑定書)
銘:剣竜子貞晴鍛之/金宝城焼以古刀

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は剣竜子貞晴鍛之/金宝城焼以古刀としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:23.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.54センチ
先幅:センチ
重ね:0.75センチ
時代:江戸時代末期から明治時代初期
体配:身幅尋常で重ねやや厚く三つ棟となり表裏に刀身彫刻を行う。表には「朝日ににおう」裏面には桜の花を彫る。すなわち朝日に匂う桜かなという文言が込められている。
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり地錵が良く付き細かな地景が入り精良な地金となる。
刃紋:錵出来直刃、匂口やや深く付き帽子丸く返り焼き下げる。

特徴:月山貞吉の門人である貞晴は江戸時代末期から師匠の作品の代作しており出来の素晴らしい作品を制作する。
本作は金城寺が焼かれた古刀を材料として制作された作品で良く練れた地金は過去どのような刀であったのか想像する事で楽しくなります。

拵:
鍔:鉄地はみだし鍔
縁頭:赤銅魚魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
柄:鮫皮の綺麗な柄です。
目貫:赤銅魚魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:剣竜子貞晴は月山貞吉の門人ですが以外と昨刀数が少なく月山一門の代作を行っていたと考えられます。 
金宝城とはどこに存在したのかは分かりませんが焼けた刀を使用してこの短刀が鍛練され出来たと考えられ特に地金が詰んで美しく又朝日に匂う桜かなという文言が珍しい。 
彫り口も深くしっかりとした刀身彫りです。
拵えは菊の花を高彫りし金の色絵をほどこした作品で出来が良く鞘もカイラギ、梅花皮の綺麗な鞘です。

時代背景:江戸時代末期から明治4年には廃刀令があってその後も月山の門人として活躍したのは珍しく刀身彫りを行う環境があったと考えられ月山貞一と良くにた彫り口であると考えます。
想像以上に出来の良い作品を制作していたと考えられます。

葵美術評価鑑定書:
特別保存刀剣鑑定書
拵えに保存刀装具鑑定書
全身押し形

価格: 650,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.