短刀:兼辰

ご注文番号:AS17355

短刀:白鞘入り (鑑定倶楽部鑑定書)

銘:兼辰 

末古刀:中上作:美濃 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼辰としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき: 素銅地金色絵一重はばき。
刃長:27.6センチ
反り:内反り0.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.97センチ
重ね:0.58センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅、重ねしっかりとした短刀で
長さも充分ある見応えのある作品です。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付きは駄目が見てとれる作品です。
刃紋:錵出来直刃基調にのたれが混じり
刃中、柔らかな足と砂流が入り
物打ち近辺から乱れ込んで返る。

特徴:兼辰は室町中期より室町時代末期を経て、江戸時代迄続く刀工群です。
肌立った地金は美濃独特の風情でボリューム感のある姿は
優しさの有る備前刀の短刀とは異なった雰囲気を有する。

葵美術より一言:切れ味を良しとした美濃刀はざんぐりとして
地金が多くこれが切れ味の良さにつながり根強い人気を博しております。
一見すると村正にも見える作風で表裏の刃紋が揃い気味で、
地金が良く練れて、刃紋も兼辰としては出来が優れた作品です。
かつて鑑定倶楽部鑑定書が発行されて、かなりしっかりと鑑定が行われておりましたが
いつのまにかその鑑定が行われなくなったのは残念な事です。
いずれにせよ当社では保存刀剣を保証致します。

時代背景:戦国時代

保証:保存刀剣鑑定書
葵美術鑑定書:全身押し形

   
オークション開始価格: 150,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら


—————————————————————————
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
—————————————————————————


ページトップ ご注文フォーム お問合せ