短刀:兼定(二代 之定)

ご注文番号:18053(委託品)

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:兼定(二代 之定)  

末古刀:最上作:最上大業物:美濃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼定としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:25.5センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:3個
元幅:2.4センチ
先幅:1.96センチ
重ね:0.6センチ
時代:室町時代末期明応末年の頃
体配:身幅尋常、重ね厚く三つ棟となり
表に龍の彫りを彫り裏には二筋の護摩箸を彫る。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き
細かな地景が入り潤いのある地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ、足良く刃入り匂口深い。  
帽子のたれて先尖り御頃に長く焼き下げる。

特徴: 兼定は室町後期に活躍する孫六兼元と人気を二分し
後年江戸時代には「千両兼定」といわれた甲州出身で
美濃に来て初代兼定の門人になる、後に養子になる。
その刀は切れ味よく、最上大業物にランクされている
刀期間は 文明二二年(文明四年・1472年)銘の平脇指を紹介し、
これを2代兼定の最古作とみなしている
永正8年頃に和泉守を受領したと推定される。受領の背景には伊勢の神宮に
おける派閥争いにおいて刀剣を鍛え供したことの恩賞と考えられている。
現地(山田)にて鍛えた旨が刻銘された遺作が現存する
二代兼定は「定」の字をウ冠の下に「之」で切ることが多いことから、
刀剣界では二代兼定を「之定」(ノサダ)と呼び習わされている。
本作は銘の組み立てから明らかに兼定の最も充実していた時代の
中期頃の之定と言える作品です。檜垣の鑢目が良く見て取れ
刀身の今では薄くなっている。剣巻龍の彫りも良く
地金の素晴らしさと華やかな刃紋も評価出来る作品と言えます。

拵:合口拵え
縁頭:赤銅魚子地に虎と花の図を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘に雲の図柄をほどこす。
目貫:赤銅地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
柄:木を荒々しく刻んだ作品
小柄:赤銅魚子地に扇と花車を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:美濃の刀工に最高峰を行く二代兼定(之定)の
健全な短刀で刀身に摩滅したとは云え龍の剣巻龍の彫り物があります。 
三つ棟の体配で地金が良く刃紋は錵出来、匂口の深めの作品で
通常の焼きの締まった匂出来風の作品とはやや異なります。
拵えもまずまずの合口拵えで滅多にでてこない兼定(二代 之定)をお薦め致します。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 1,600,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム



ページトップ ご注文フォーム お問合せ