短刀:兼友

ご注文番号:20054

短刀:白鞘入り、拵え付き(委託品)

銘:兼友

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼友としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀と金着せ二重はばき。
刃長:27.6センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:2個
元幅:2.60センチ
重ね:0.5センチ
時代:室町時代末期頃
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で
表に護摩箸を裏には棒樋を彫り体配の良い短刀。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き奇麗な肌合いとなる。
刃紋:丸みを帯びた互の目乱れで刃中、砂流しが刃に絡み
明るく冴えた刃紋となり帽子丸く返り先掃掛ける。

特徴:兼友は美濃の刀工で直江志津の兼友と、
時代が下がる美濃の兼友が存在する。
本作は時代の下がる兼友で、一見すると兼房とも
見てとれる作品であるのは匂口の深い丸みを帯びた互の目乱れから
判断されます。明るく冴えた刃紋は素晴らしく
切先が伸びるの掃掛はいかにも関物の作品で
かなり良く研磨がほどこされております。

拵:
鍔:鉄地はみ出し鍔に花の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に秋草と秋虫の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:青貝散らし
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:戦国時代には数多くの関の刀工が
刀剣の制作を行った。特に短刀の制作は多くの刀工が制作に従事した。
本作はかなり名の知れた刀工であります。 
明るく冴えた作品で拵えも良く出来た作品です。見事な青貝散らし鞘です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

 


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ