短刀:作陽士細川正長造刻印

ご注文番号:22103
短刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)

銘:作陽士細川正長造刻印
嘉永七甲寅年八月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 細川正長としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:銀一重
刃長:28.1センチ
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.71センチ
重ね:0.7センチ
刀剣重量 230 グラム
時代:江戸時代嘉永7年
体配:やや長めの短刀で身幅、重ね厚くしっかりとした作品です
地鉄:小板目肌に杢目肌が良く練れて綺麗な地鉄となる。
刃紋:丁子乱れで足、柔らかく入る。 特に物打ち近辺から足良く入り帽子丸く小丸に返る。

特徴:本作は細川正義の息子である正長が製作した作品。出来は正義とよく似ており茎の鑢目や銘もよく似ています。
長さもたっぷりで瑞々しさがある作品です。ぜひお求めください。

拵:
鞘:桜の木を模した鞘
縁頭/鐺/鍔:素銅地に斜めに線をつけた作品
        
葵美術より一言:この作品は大変珍しい物で作陽士細川正長、すなわち細川正義の息子の作品で銘の部分が細川正義と同様に切れております。やがて時代が変わり明治の廃刀令とともにこの刀工も仕事をなくしてしまったのでしょう。 ぜひこの貴重な作品をお勧めいたします

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:550,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ