短刀:廣近(新刀)

ご注文番号:15997

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:廣近(新刀)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は廣近(新刀)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:赤銅地に桐紋を金色絵で描く
刃長:25.9センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:2(内1個埋)
元幅:2.69センチ
重ね:0.715センチ
時代:江戸時代延宝の頃
体配:身幅、重ねがっしりとした短刀で体配が良い
地鉄:柾目肌よく練れて地錵が付き、いかにも北国物と思われる作品です。
刃紋:錵出来太直刃、特に物打ち近辺から切先にかけて
更に太くなり、帽子更に太く先掃掛となる。

特徴:廣近は陸奥の刀工で初代を大和大掾源広近と称し
津田助広の門人で初銘寛近と称し、伏見左衛門尉と称する。 
磐城中村藩相馬家の藩工であります。二代、三代迄続き
二代は助直の門人で中々上手な刀工です。

拵:
鍔:鉄地小柄、笄櫃を大きく彫る:銘 江府住正秀
縁頭:赤銅地に松の木に停まる鷹の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:青貝散らしに千鳥を白い貝殻で描く
目貫:真鍮地で家紋を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小刀:尾州犬山住

葵美術より一言:本作は初代廣近の作品で、特に匂口の深い直刃出来
すなわち助広の直刃出来の刃紋を焼き上げる。
助広門下であった当時は助広の手伝いで終了したと考えられ、
陸奥に戻ってからの作品がほとんどと考えられます。 
地金は柾目が良く見て取れ、大阪で修行した時代に太直刃を学んだと考えられます。  
二代も助広の門人の助直の門人となったので作品の数はかなり少なかったと
考えられます。陸奥では仙台国包を筆頭として柾目出来の作品が多く製作されており
多分に影響をうけたと考えられます。あまり有名でない刀工では有りますが
実力は素晴らしく地金、刃紋共に素晴らしい実力をもっていた刀工と言えます。
この時代は短刀の製作はほとんどなくなり需要も激減しましたので短刀は極めて珍品といえます。

廣近より一言:葵美術の社長がいっております様に私は元々磐城中村藩相馬家の藩工でありました。
当時からも摂津の刀工であった助広、井上真改の評判は聞いておりました。 
中村藩より今で言えば大阪に勉強にいってこいという命令が出まして大阪迄出掛けました。 
万事万端話が伝えられており津田助広の門下生となりました。 
私は毎日師匠の仕事を手伝いその後、陸奥へと帰国いたしました。 
陸奥へ帰りますと摂津の細かな大阪地金は製作することも出来ず当時流行しておりました
柾目出来に挑戦をしてみました。師匠の濤乱刃乱れを柾目出来に入れる事は至難の業でした。
結局匂口の深い太直刃をいれる様に努力をしようやく完成することができました。  
大阪での匂口の深い直刃と陸奥の柾目出来を合体させました。 
葵美術の社長さんが素晴らしい出来だねといわれ鼻をひくひくさせております。 
著名な刀工には負けずに努力はして参りましたので、地元の相馬近辺の方にでも
大切に保存してもらいたいと願っております。今でも一心不乱に製作したと自信を持っております。
幸いにも良い行いをして天国に来られました時は御立ち寄り下さい。 
陸奥から摂津大阪迄旅たつ困難さなどを話ながら日本刀談議でもしましょう。 
なお息子には師匠の第一の御弟子であった助直師匠に勉強に行かせました。 

時代背景:日本刀の需要が急減し刀工間での厳しい努力が行われ
斬新な刃紋の製作、刀身彫りなどが行われる様になった。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.