短刀:山城国西陣住埋忠明寿彫同(偽銘)

ご注文番号:22396
短刀:拵え入り

銘: 山城国西陣住埋忠明寿彫同(偽銘)
寛永二十年□月

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 山城国西陣住埋忠明寿彫同 としては 普通作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:銀一重
刃長:20.8センチ
目釘穴:3個内1個埋め
元幅:2.09センチ
重ね:0.85センチ
刀剣重量:165グラム
時代:江戸時代後期
体配:身幅尋常で重ねが分厚い鎧通し風となり頭身に梅の木とは花を彫り梵字を入れる、 裏には二筋樋を彫る
地鉄:小板目肌が詰んで無地風となる。
刃紋:匂出来互の目乱れを焼き帽子丸く返る
特徴:山城国西陣住埋忠明寿彫同と銘があるが偽名であります。

拵:
鍔:はみ出し鍔
割笄: 銀地
縁頭:鐺:銀地
鞘:黒色に強い黒に紋様を入れる
葵美術より:残念ながら偽名でありますが鎧通しの作品で梅の彫りを行い梵字を彫る。がっしりとした作品で互の目乱れを焼き上げる。 拵えはきちんと丁寧に製作してあります。

葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

価格:300,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ