短刀:備州長船勝光(保存刀剣)

ご注文番号:AS22192
短刀:拵え入り(保存刀剣)

銘: 備州長船勝光
明応七年八月日

末古刀:上作:備前
葵美術正真鑑定書 保存刀剣刀剣博物館
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 備州長船勝光 としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着一重
刃長:15.0センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:1個
元幅:1.74センチ
重ね:0.57センチ
刀剣重量 80グラム
時代:室町時代 明応7年8月 1499年
地鉄:小板目肌良く練れて地沸がつき綺麗な澄んだ地鉄となり映りが現れる
刃紋:沸出来直刃やや太く小足が入ろ帽子丸く返る。

拵:変わり塗り拵え
小柄小刀付き

葵 美術より一言:備前物は永正頃から下がると数打ちものと言われる作品となり永正をあがると地鉄の素晴らしい作品となります。本作は地鉄も良く映りが現れ綺麗な直刃できとなり美しい作品です。

保存刀剣
葵美術鑑定書 :全身押し形 鶴田文佳

オークション開始価格:250,000円(消費税、送料共)

落札者あり





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ