目貫:無銘(百姓図)

注文番号:F16679
目貫:(百姓図)
銘:無銘
長さ1: 2.87 x 1.54 cm
長さ2: 2.89 x 1.54 cm
時代:江戸時代
特徴:赤銅地に百姓図を容彫りし金で色絵をほどこす。笠や蓑、鍬などなどの特徴、が正徳2年の『和漢三才図会』(1712年)における百姓図と概ね一致しております。
百姓とは本来は百の姓の字をもって天下万民を指し、9世紀末に編纂された『三代実録』において農民を意味することとなった。
百姓を農民と同義とする考え方が日本人の中に浸透し始めたのは江戸時代のことで、当時は平和な社会で耕地開発が大きく進んだ。
かつて日本人は、農耕によって多いに繁栄したということを改めて考えさせられる、素朴で味わい深い作品です。

桐箱入
葵美術評価鑑定書:全身押し形
価格:25,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当社では委託販売および買取も行っております。
御希望の方は当社の委託販売規定買取規定をご覧頂きご連絡下さい。
電話03-3375-5553 メール:info@aoijapan.jp

ページトップ ご注文フォーム お問合せ