槍:越中守正俊(特別保存刀剣)

ご注文番号:23359

槍:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:越中守正俊

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越中守正俊としては上作 にランクされる作品です。
研磨済み
上品な綺麗な研磨がほどこされている。 上々研磨
長めの肉置きの良い作品でケラ首の長い作品です。
白鞘全長:約81.5センチ
刃長:30.4センチ
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.87センチ
重ね:0.89センチ
時代:江戸時代、慶長頃
体配:ケラ首が長くいっけんすると時代が古く見える作品ですが江戸時代初期、慶長にもあるのです。裏には剣と爪を彫る。
地鉄:小板目肌よく練れて時に絵がつき肌目がよく見て取れる。
刃紋:沸出来、直刃にのたれが混じり帽子丸く返る。

特徴:越中守正俊は関兼道4男にして文禄中上洛越中守を受領する。京新刀ご鍛治に一人で作品数は大変少ない。 槍の作品も少なく丁寧な作品が多く本作の如く素剣に爪を上手に彫る。

葵美術より一言:当初美濃に住んでいた正俊は父親の関兼道と兄弟の丹波守吉道、伊賀守金道とともに京に赴き、鍛錬技術を行いのちに刀鍛治の頭となり刀の位を司る仕事を行う様になった。
越中守正俊は相州伝に長けておりその出来は頗る良い作品を製作する。 2代となると菊紋がつきます。この見事な越中守正俊の作品を是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形 鶴田文佳

価格:400,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ