槍:相州鎌倉住助広

ご注文番号:19058

槍:箱入り(極札付き)

銘:相州鎌倉住助広

極札:在銘
相州鎌倉住助広 
長 2尺3寸6分有之 正真
昭和十三年戌寅

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は相州鎌倉住助広としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:70.8センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:2個
元幅:3.10センチ
重ね:1.19センチ
刀身全長:約130センチ
箱寸法:縦 135 センチ x 横 7.5 センチ x 奥行 8.5センチ
時代:室町時代初期から末期まで五代続く刀工群です。
けら首が長く時代が古く室町時代末期の作品と云えます
体配:70cmと長寸でがっしりとした三角槍の豪壮な作品です。
地鉄:板目肌、肌立ち地錵が付き所々大肌が現れる。
地鉄やや黒く沈み、大板目に大杢交じえ、処々流れる肌があらわれる。
地沸つき、地景入る。
刃紋:錵出来直刃に滲みごころの匂口の深めの直刃、
のたれ、互の目乱れが交じる。所々弱い砂流、金筋が働く。

特徴:相州鎌倉住助広は相模の刀工で室町時代の相州鎌倉鍛冶の中で、
沸と地景、金筋を特徴とする相州伝を継承し、南北朝時代の
広光・秋広に肉迫する佳作を残しているのが綱広である。
本作はその流れを汲んで室町時代末期に活躍した作品と考えられます。  
永正から天正頃の作品と考えられます。

葵美術より一言:多少の小瑕はありますが
長寸のけら首の長い珍しい作品です。

時代背景:戦国時代

極札
葵美術正真鑑定書: 全身押し形

価格: 350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ