槍:清房(室町後期)

ご注文番号:AS19527
槍:白鞘入り、拵え付き
銘:清房(室町後期)                                

末古刀:優作:周防
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は清房としては最上作にランクされる作品です。
上研磨

刃長:29.6センチ 全長:約170センチ
目釘穴:1
元幅: 2.61センチ
重ね: 1.01センチ
刀身重量: 400グラム

時代:室町時代後期
体配:長寸の槍でけら首が長く時代の古さを感じさせる生茎のスキッとした作品
地鉄:小板目肌の杢目が交り地錵が厚く付き綺麗な澄んだ地鉄となる
刃紋:錵出来互の目乱れ。刃中、足,葉.砂流.金筋が盛んに働き二重刃がかる。帽子は乱れ込んで掃掛て長く返る

特徴:清房は周防の国で天文頃に活躍した仁王一派は鎌倉時代初期周防の国の清綱が祖として活躍しその流れは南北朝を経て室町時代へと及びさらに江戸期迄続く刀工群であります。
一門は清という文字を頭に冠し,かなりの刀工が活躍しました。 作風は地金の良さに定評があり特に小板目肌の杢目が混じり精良な地金となります。刃紋は直刃で小足が入り潤んだ匂口で上品さのある作品が多くあります。 本作は抜群の地金の良さと上品な優美な体配で直刃出来に丁字足が柔らかく潤んで名品の貫禄を遺憾なく発揮した作品と言えます。

葵美術より一言:この作品は通常の槍とは異なり清房が懸命に精神を込めて製作した作品で直刃出来では無く美濃の兼常又は初代大兼道を思わせる錵出来互の目乱れで最上級の槍です。
是非御薦めしたい名槍です。

葵美術正真鑑定書
保存刀剣鑑定書 
全身押し形

オークション開始価格: 250,000円 ※海外送料別途

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ