槍:河内守國助(初代)

ご注文番号:AS1814445

槍:黒塗鞘入り(柄無し)(保存刀剣)

銘:河内守國助(初代)

新刀:上作:業物:摂津
研磨済み
刃長:1尺0寸7分5厘(32.55センチ)
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.01センチ
重ね:0.81センチ
時代:江戸時代寛永の頃
体配:すっきりとしたやや長めの槍
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き柾風に流れる。
刃紋:錵出来直刃に刃縁柔らかく足が入り帽子丸く返り焼下げる。

特徴:初代の河内守國助は伊勢の出身で、小林姓を名乗り元々は武士であったが
主家が滅亡した為に刀工を志し京に出て堀川国広の門下となる。
実際には刃紋の出来等かた堀川門下の國ともであったと考えられる。
当時国貞も同様に弟子として学んでおり作風は酷似した作品が多い。
國広が亡くなった後に國貞と共に大阪に出て活躍する。
二代は中河内と称する國助が引き続くが、初代作は國広の作風が色濃く残り愛刀家の垂涎の刀が多い。

葵美術より一言:初代河内守國助は薙刀や槍の制作は行っておりますが、槍の制作は少なく珍品と云える。
柄はついておりませんが、ご希望の方はご相談ください(料金別途)。

保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

オークション開始価格: 150,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




ページトップ ご注文フォーム お問合せ