槍:同田貫兵部

ご注文番号:17559

槍:白鞘入り、鞘付き (保存刀剣)

銘:同田貫兵部

(当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 同田貫兵部 としては上作にランクされる作品です。)
研磨済み
刃長:1尺 (30.30 センチ)
反り:なし
目釘穴:1個
元幅:2.99センチ
先幅:2.82センチ
重ね:0.76センチ
時代:室町時代末期
体配:三角槍で切先に横手を切る体配の良い姿。
地鉄:板目肌練れて地錵が付き肌立ち肌目が
見て取れ同田貫独特の地金となる。
刃紋:錵出来やや匂口の深い直刃調に
互の目乱れが混じり刃中、足が入る
特徴:同田貫派は延寿の末流として古刀末期に肥後(現在の熊本県)で興った一派で、加藤清正の刀工として活躍した。
正国と、清正から「清」の文字を賜った清国が著名である。他に俗名のみを切るものもあった。
加藤清正好みの豪壮な実戦刀をはじめ、野戦用の槍や薙刀もかなり製作された。
幕末には正国の子孫が再興した。
本作は室町時代末期 慶長頃に活躍した 九州肥後同田貫は銘にの後に、
上野介、兵部、次兵衛と加える作品が多く同田貫一派として活躍していた。
一般的に地金は板目肌となり荒れた部分が目立つ特徴があるが切れ味重視の刀で評価されている、
昨今では小連狼の映画、テレビで有名になった側面もあります。
柄:柄の長さ162.5cm
時代背景:室町時代から安土桃山の戦国時代

保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格:450,000円(消費税、送料共)※海外送料別途

ご注文はこちら


ページトップ ご注文フォーム お問合せ