槍:(初代)越中守正俊

ご注文番号:AS16353

槍:白鞘入り(保存刀剣)
銘:(初代)越中守正俊
新刀:上々作:業物:山城

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は(初代)越中守正俊としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
刃長:20.8センチ
目釘穴:1個
元幅:2.4センチ
重ね:0.96センチ
時代:江戸時代慶長の頃
体配:やや長めの三角槍でけら首が長めのすっきりとした綺麗な体配。
地鉄:柾目肌よく練れて地錵が付き地景が柾目に沿って現れる、裏面は板目肌柾に流れる。
刃紋:錵出来直刃にのたれが混じり二重刃が入る。

特徴:(初代)越中守正俊は美濃の刀工であった大兼道が京都に移住する時に越中守正俊、伊賀守金道、丹波守吉道と共に行動を共にし三品一派を起こした。それぞれ独特な作風を残しております。
越中守正俊は相伝に秀でており丹波守吉道は相伝から簾刃で名をなし伊賀守金道はその後日本鍛冶宗匠として朝廷より刀匠の受領銘を与える役割を担う重要な役目を得る事になります。
彼等の特徴は切先の刃紋によくでており三品帽子と呼称されるのたれて丸くかえる三作帽子を焼く形態となります。

葵美術より一言:(初代)越中守正俊は野趣に富んだ作品を好んで制作し本作は柾目出来にのたれた作品です。
地金は美濃の大兼道に良く似た作品と云えます。
槍の制作は数少ないのですが何故か好んで制作し出来も優れた作品を残しております。
見事な体配と表は柾目肌、裏面は板目肌に柾にながれた野趣に富んだ見事な作品と云えます。
恐らく高名な武将が保有していた作品と考えます。

この槍が制作された時代背景:江戸時代初期慶長5年9月15日関ヶ原の戦い

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格:160,000円(消費税、送料共)

落札者あり

————————————————————————————————–
当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
————————————————————————————————–


ページトップ ご注文フォーム お問合せ