槍:信国 と銘がある

ご注文番号:19566

槍:拵え入り

銘:信国 と銘がある。 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は信国と銘があるとしては上作にランクされる作品です。
研磨済み
拵え全長:117.5センチ
刃長:13.4センチ
目釘穴:1個
元幅:1.8センチ
先幅:1.4センチ
重ね:0.6センチ
時代:江戸時代中期頃
体配:小振りの三角槍に棒樋を彫る。
地鉄:濃い為はだ良く詰んで地錵が付き綺麗な地鉄となる。
刃紋:錵出来直刃、明るく冴えて帽子丸く返る。

特徴:籠槍と称する短めの槍で、突然の襲撃に
対応する為に籠の中に籠槍を
保持して常に敵に戦う準備をしていた。

拵:
鞘:黒呂色鞘
柄:(上半)黒漆(下半)木製

葵美術より一言:本作の銘は信国とあるが、私見では新刀期の信国と考えられます。
御委託品である為銘は無保証とさせていただきます。 
地金が良く練れて地錵が付き明るく冴えた作品です。
侍が旅を籠で行なう場合突然の急襲に備えておくのが籠槍です。
最近では珍しい武器となりました。
                
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 100,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ