小柄:鉄元堂尚房(金印)

ご注文番号:F18396

小柄: (特別保存刀装具)
銘:鉄元堂尚房(金印)

長さ: 9.86 cm x 1.52 cm
時代:江戸時代中期頃

特徴:鉄元堂尚房(なおふさ)は岡本氏で又次郎と称しで
伝兵衛国治の子供で若銘を成栄と称し
尚茂の養子となり後年に実家に戻り栄寿と改める鉄地に
人物、動物などを制作する。かなり名の知られた鍔工です。
本作は岩に立つ亀と蛍と思われる図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
首を延ばした亀の図柄を正に非凡で実に見事な作品です。

桐箱入
葵美術評価鑑定書
特別保存刀装具

価格: 155,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ