寸延短刀:備前國長船住祐定/永禄十一年二月吉日

ご注文番号:14530
寸延短刀:白鞘入り(保存刀剣)
銘:備前國長船住祐定   
永禄十一年二月吉日
研磨済み
はばき:赤銅と金着せの二重はばき。
登録証番号:東京都267550号
交付年月日:平成6年4月19日
刃長:36.6センチ
反り:0.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.31センチ
重ね:0.62センチ
時代:室町時代永禄の頃(1569年)
体配:身幅3.31センチと広く重ね尋常ながっしりとした平打ちの脇差し
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き映りが現れる。
刃紋:錵出来のたれ互の目乱れとなり帽子丸く返り刃中、葉は働く。
特徴:備前國長船住祐定は室町時代末期永正頃から活躍した刀工群である。
室町時代末期には数打ちと称する作品を時代の要請に応じて制作したが、
本作はその数打ちではなく、丁寧に制作された作品と云えます。  
特に身幅の広い作品は珍しくかつ出来が良い。
    
時代背景:戦国時代 永禄3年5月19日桶狭間の戦い。
永禄4年8月第4次川中島の戦い。永禄の変。
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書 :全身押し形
価格:1,200,000円(消費税、送料共)
ご注文はこちら
————————————————————————————————–
当社では買取:委託販売 及び評価鑑定(無料)も行っております。
御希望の方は当社の委託販売規定買取規定をご覧頂きご連絡下さい。
下取りも行っておりますのでご遠慮なく相談下さい。
電話03-3375-5553 メール:info@aoijapan.jp
————————————————————————————————–



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.