寸延び短刀(脇差):吉重

ご注文番号:18535

寸延び短刀(脇差):白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:吉重
                                   
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は吉重としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:1尺0寸2分5厘(31.06センチ)
反り:0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.72センチ
重ね:0.55センチ
時代:室町時代
体配:身幅が広く重ね尋常で内反りとなり
時代の古さを感じさせる大振りの短刀
地鉄:板目肌よく練れて柾に流れ精良な地金となる。
刃紋:直刃出来小足に打除が混じり帽子丸く返る。

特徴:吉重と銘ずる刀工は山城、備前、石見。紀伊。
大隅等に存在するがどの国に属するかは分かりませんが
応永当たりに山城に似た刀工が存在し
吉重の体配から時代も古く感じられ
室町時代初期の作品として山城から移住した
美濃の刀工と考えられます。
  
拵:
鍔:八角形の鉄鍔に耳を立ち上げ
鳳凰と思われる図柄を金で色絵をほどこす。
縁頭:鉄地に家紋木の葉等を金で色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色石目地と黒色刻鞘
鐺:鉄地に家紋木の葉等を金で色絵をほどこす。
栗形:鉄地に家紋木の葉等を金で色絵をほどこす。
目貫:鉄地の座っている牛に寄り添う人物を高彫りし銀で顔を描く

葵美術より一言:吉重の幅広で内反りの作品で時代色を感じられます。
拵えも肥後一作の良く出来た状態の良い作品です。
拵え付き短刀を御探しの方に是非御薦めしたい作品です。

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

価格: 380,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.