寸延び短刀(脇差):綱(以下切れ)(銘不明)(越前大掾国次)

ご注文番号:22077
寸延び短刀(脇差):白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:  綱(以下切れ)(銘不明)(越前大掾国次)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 綱(以下切れ)(銘不明)(越前大掾国次)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金色絵一重鎺
刃長:34.39センチ
反り:0.45センチ
目釘穴:2個
元幅:2.85センチ
重ね:0.54センチ
刀身重量:235グラム
時代:江戸時代 寛永の頃
体配:身幅が広く重ね厚く多少反りのある
平打ちの作品で長さも十分ある作品です。
地鉄:杢目肌、板目肌が肌立ち肌目がよく見て取れる。
刃紋:沸出来互の目乱れに尖互の目が混じり
刃中に足、葉が絡んで砂流、金筋が働く。
帽子丸みを帯びて返りその先掃掛となる。

特徴:刀剣博物館では越前大掾国次と鑑定された作品で時代が古く出羽大掾国路によくにた作品を製作する。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に不明なデザインを細かく透かした地鉄に金を入れた独特な雰囲気を持つ鍔で長崎に多く
南蛮鉄と呼称される鍔
鞘:焦茶色石目地鞘。
縁頭:赤銅地に花の模様や蝶の模様を高彫し金で色絵をほどこす
目貫:赤銅地で亀ともすっぽんとも思われる図柄を高彫りする。

葵美術より一言: 越前大掾国次と極められた作品で一見すると出羽大掾藤原国路によくにた作品です。拵えも穏やかな図を用いて描き風情のある図柄です。刀も寸伸びの平作りで形がよくおすすめできる作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳
※海外送料別途

価格:200,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら





当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ