寸伸び短刀:広助

ご注文番号:19709
寸伸び短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘: 広助

末古刀:相模                         
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 広助 としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:31.8センチ
反り:0.35センチ
目釘穴:1個
元幅:2.44センチ
重ね:0.62センチ
刀身重量: 225グラム
時代:室町時代末期頃。
体配:寸延び短刀で身幅、重ね尋常な反りが多少あり。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き良く練れた地金となる。
刃紋:錵出来匂口の深い互の目乱れとなり
刃中、砂流の細かな金筋が働く飛び焼も入り皆焼風となる。

特徴:広助は相模の刀工で嶋田義助の子供で相州伝を焼き皆焼風の作品が多い。 
     
拵:脇差拵
鍔:赤銅磨き地ナワ耳丸形
縁頭:朧銀地刻
鞘: 黒変塗鞘
目貫:兜図赤銅地

葵美術より一言:相州広助の出来の良い作品です。
裏面の中程に墨籠りがあるのが惜しまれますが、
全体としては匂口の深い互の目乱れに飛焼が入り皆焼風となり出来の優れた作品です。
拵は素晴らしく頭を兜を文様として縁は赤銅地に横線を入れる。
目貫は兜に前立をつけ龍が巻き付ける作品を金で
色絵をほどこしたた出来の優れた作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ