委託販売について

委託販売の 特別なサービス 重要 規約
詳細はネットでお読み下さい

簡略な説明:お客様と葵美術との間で御相談の上価格の設定を致します。
当社では原則として販売品目の画像作成、全身押し形、当社の鑑定書を作成
しますので1万円の手数料を頂戴致します。(売却の有無に拘らず)
金額設定が決められ当社ではその20%近い金額を上乗せしてネット上に掲載させて頂きます。

特別なサービス 重要
1:お客様との間で委託販売の金額の値決めが出た時は
お客様の御希望があれば値決め金額の約70%の現金先渡しが出来ます。
2:販売金額に達しなかった場合次の様な選択が出来ます。
(1):そのまま葵美術に販売する。(先渡しを行なった場合はそのままとなります)
(2):お客様が委託品を買い戻す場合は当社で先渡した金額を返還すると共に
葵美術は当社の鑑定書、押し形をお渡し致します。(1万円を受領している為)
3:オークション終了後1ヶ月は有効です。その間に御引き取りされるか
販売をされるかを御決め下さい。

期日を経過しますと当社に販売された品物として取り扱われますのでご注意下さい。

販売した商品に刃切れがあった場合は委託契約は直ちに自動的に解除され
又販売され現金をお支払いされた後にもこの契約が継続されます。

委託で販売した品物の買い戻しは通常原則として行っておりませんが、
お客様のご意向に出来るだけ添う様に協力いたします。

—————————————————————————-

委託販売の規約

委託販売のネットでの販売手数料は以下の通りです。
30万円−50万迄は相談の上行います。
50万円−100万円  20%
100万円−200万円 20%
200万円−300万円 15%
300万円—500万円 15%
500万円以上    10%

なおネット販売を行う為に全身押し型、説明文、写真撮影をおこないますので
売却の有無にかかわらず1万円を別途頂戴させて頂きます、
(なお売却出来なおった時はこれらの写真、押し型、当社の鑑定書をお渡し致します。)

委託販売の順序
1:委託販売の金額設定はご相談の上決定させて頂きます。
2:当社では画像を作成しネットで掲載させて頂きます。
皆様もご家庭でネットで現在の価格を知る事が出来ます。
3:お客様が高い価格を示した場合は1,000円単位で値段が上がって参ります。
参考 現在50万円の価格がネットで出た場合、仮に100万円を付けても価格は50万円が表示されます。
仮に誰もそれ以上購入希望が無い場合はそのまま50万円で落札が決定されます。

委託販売の売却が決まった後にお客様から当社に銀行振り込まれた時に
委託販売手数料を差し引いてお客様の口座もしくは現金書留でお支払いをさせて頂きます。
現金書留は郵便局の手数料がかかりますのでご注意下さい。
海外からの入金がある場合はその確認がありますので、
お客様へのご入金は時間がかかる事をご承知おき下さい。

売却出来なかった時
ネット掲載で販売出来なかったときは2ヶ月経過した段階でご返却をさせて頂きます。
返送には通常宅急便で行ないますが送料は当方の負担で行ないます。
但し送付に関しまして、紛失や途中の事故の破損に関しましては
当社では責任を追いませんのでご注意下さい。
宅急便の会社との保険をかけておく必要もあるかも知れません。
但し現在迄その様な事故はございませんでした。

特別なサービス 重要
1:お客様との間で委託販売の金額の値決めが出た時はお客様の御希望があれば
値決め金額の約70%の現金先渡しが出来ます。

2:販売金額に達しなかった場合次の様な選択が出来ます。
(1):そのまま葵美術に販売する。(先渡しを行なった場合はそのままとなります)
(2):お客様が委託品を買い戻す場合は当社で先渡した金額を返還すると共に
葵美術は当社の鑑定書、押し形をお渡し致します。(1万円を受領している為)

3:オークション終了後1ヶ月は有効です。その間に御引き取りされるか販売をされるかを御決め下さい。
期日を経過しますと当社に販売された品物として取り扱われますのでご注意下さい。

販売した商品に刃切れがあった場合は委託契約は直ちに自動的に解除され
又販売され現金をお支払いされた後にもこの契約が継続されます。
当社ではお預かりする際に良く確認はいたしますが、目に見えない小さな刃切れを見落とす事がありますのでご了承下さい。
この条件は刀剣界の常識となっております。

輸送中のトラブル及び細かな瑕に関しましては当社は責任を負いかねます。

委託品を購入され後に将来の買い戻し規定
委託品で販売された品物は原則として、当社の委託品として販売をさせて頂きます。
委託で販売した品物の買い戻しは通常原則として行っておりませんが、お客様のご意向に出来るだけ添う様に協力いたします。

お客様の御処分を希望される場合には
1:当社で現金で購入する方法
2:当社のネット販売で販売する方法
3:業者の集まる市場で御処分を希望される方法(手数料として10%)
がかかります。その場合は販売金額のおおよその査定金額を評価しますの
で参考下さい。お客様の希望金額をお知らせ頂きその金額に達しない場合
は委託品はご返却致します。手数料は無料とさせて頂きます。

細部の契約条項
1:競売に関しては御委託者が当社の委託販売を了承し納得した時は聾者の(葵美術)の名前で競売を行なうものとする。
2:下見される方はと当社に来店され下見が出来ます
3:ネット販売での価格は先に示した様に1000円ずつ上昇していきます。
価格は厳重を期してオークション主催者は正確に価格の管理を行なう事を行なう。例えば50万円からスタートした時は50万からのスタートとなります。次にどなたかが仮に60万円迄として落札希望を出されましても50万1000円の表示が出ます。さらにオークションが終了した時は例え60万円と入れても50万1000円で落札が決まります。
4:競売に関しましては当社に対する手数料20%を及び手数料に対する消費税を合わせて支払うことを予め承認する。
5:当社では委託社の情報は本人の許可がない場合、一切公表は致しません。最低価格にしても同様である。
6:買い受けの申し出があった場合は当社の判断で決めさせて頂きます。
7:競売を行い紛争が出たときは当社の判断で決定されるが結着が付かない場合は再度オークションに出品される。
8:落札者が落札後支払いが遅延した時は再度オークションで販売されるがこの判断は当社の独断で行なわれる。
9:インターネットでの購入希望は住所、氏名、商品番号、御買い受けの最高限度額を記載し送付下さい。
10:当社の過失で御委託品をネット販売にださなかった場合は当社は委託品の70%で購入する事としその他の責任は負わない。
11:電話での購入は葵美術で承認された場合は受付ますがそれ以外であれば商品番号、落札価格、住所氏名、連絡先を確認させて頂きますので運転免許証の写し健康保険、パスポートの写しを添えて下さい。

落札者のお手続き
1:御落札された方は日本円で取り扱い銀行に期限内に(10日)お振込下さい。(カード決済を御希望の方は電話で連絡下さい 03-3375-5553

千葉銀行 新浦安支店
有限会社 葵美術 代表取締役 鶴田 一成(つるた かずしげ)
店番号 013 口座番号 3117361

2:送金を確認した事点で品物を宅急便でご送付させて頂きます。
発送中の瑕の発生に関しましては当社は責任を追いません。
紛失、盗難、汚損 当社では責任は追いません。
3:落札者が支払い期限内に支払わなかった場合は当社はその買取をキャンセルした物として判断し再度オークションで販売されても苦情は一切受け入れません。
4:一部入金があった何度も催促したのも拘らず入金が無い場合は一部金は程度によって没収され委託者にその没収金は手渡せる。(2ヶ月の期間の猶予の後)
5:万一紛争が発生した場合は日本国内の東京地方裁判所を通じて解決を計るものとする。
6:当社で修復作業(研磨、鞘塗り、その他の工作)依頼があった場合にはその処理を職人に依頼しますが技術能力の差に関しては当社は責任を追いません。
7:登録証の偽造や該当する作品が各都道府県教育委員会の刀剣係が調査し該当の登録証で無かった場合はその契約は直ちに解除され御委託社に自動的に返済される。(販売した場合は銃刀法の法律で処分される為)但しその後新規に登録証が再交付がなされた場合はこの限りではないが一端契約は解除され相互の話し合いで契約が復活する事もあり得る。

よくある質問:
登録証の取得について。
登録書が無い場合は登録の取り方をお教え致します。そのまま所有すると銃刀法違反となりますので必ず登録証を取得して下さい。
(別に驚く必要はありません。 必ず登録証は取得される筈です。
但し鍛えていない刀は日本刀としては認めてくれません。)
良くこの点を確かめて警察に連絡する必要があります。そのご登録は教育委員会での手続きで登録費用を支払って保持したり販売が可能となります。
理解出来ない場合は当社にお電話でお問い合わせ下さい。

電話03−3375−5553
メール info@aoijapan.com

大切なご自分の財産は良く見極めて処分されるなりお持ち続けて下さい!
警察では臆する事無くご自分の財産を主調して下さい。
警察では発見届けが発行されますのでその書類と該当する刀を指定された教育委員会に持参しその刀の登録証が発行され堂々と持ち運びや販売が出来るのです。

錆びている刀に関して
私どもが判断し錆びていても高額で取引が出来る場合もありますので刀の銘や刀身の状態を拝見させて頂き鑑定をさせて頂きます。
刀、脇差、短刀等は状態が悪くとも研磨をほどこす事で元に戻る場合も多くありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップ ご注文フォーム お問合せ