脇差:無銘(兼則) 

ご注文番号:22153
脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘: 無銘(兼則) 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は  無銘(兼則)としては 上作 にランクされる作品です。
新刀:中作:越前
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:38.4センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:2.8センチ
重ね:0.75センチ
刀剣重量 400 グラム
時代:江戸時代初期頃 寛永の頃
体配:薙刀なをしの脇差
地鉄:小板目肌練れて肌立ち地沸が付き肌目が良く見て取れる。
刃紋:匂口の沈んだ互の目乱れとなり足良く入り帽子丸く返る

特徴:匂口の沈んだ刃紋は切れ味が良いと言われております。刀剣博物館では兼則と鑑定がなされました。兼則は越前の刀工で寛永頃に活躍する。

葵美術より一言: 薙刀を直した様な作品で時代も古く江戸時代初期ころの作品と考えられ無銘(兼則)を良い鑑定と思います。がっしりとした作品で鎺も金着二重と気持ちの良い作品で是非お勧めしたい出来です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳
※登録証は薙刀で登録されています

価格:350,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら




当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ