大小:関藤原吉国/清光

ご注文番号:17423

大小:

———————–

大:白鞘入り、拵え付き(銃砲刀剣研究会鑑定書)
銘:関藤原吉国

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は関藤原吉国としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 銀一重
刃長:68.3センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.78センチ
先幅:2.01センチ
重ね:0.85センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした刀で2センチ程の区送がある。 
表裏に棒樋を彫り反り浅く切先やや延びた寛文体配の刀
地鉄:小板目肌実に良く詰んで練れ地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れとなり刃中、砂流が盛んに働く。  帽子丸く返る

特徴:大小拵えで極めて状態の良い作品です。柄巻きもしっかりと行われております。

拵:半太刀拵え
鍔:木爪型赤銅無地鍔
縁頭:鐺:栗形:赤銅地に唐草模様を彫る
鞘:革に皺模様を入れ洒落た大小半太刀拵えです。
目貫:金色絵?で文様を彫り不明

———————–

小:白鞘入り、拵え付き
銘:清光

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は清光としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 銀一重
刃長:32.6センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.50センチ
先幅:2.07センチ
重ね:0.54センチ
時代:江戸時代後期頃
体配:やや小振りの脇差で身幅、重ね頃合い反り適度に付き切先がややのびた体配の良い小脇差
地鉄:小板目肌よく詰んで無地風となる。
刃紋:錵出来、小互の目乱れ。 帽子丸く返る

特徴:本作の清光は出来から江戸時代末期の清光と思われます。

拵:半太刀拵え
鍔:木爪型赤銅無地鍔
縁頭:鐺:栗形:赤銅地に唐草模様を彫る
鞘:革に皺模様を入れ洒落た大小半太刀拵えです。
目貫:金色絵

———————–
刀に銃砲刀剣研究会鑑定書
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら

大(刀)

———————–
小(脇差)


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ