大小:紀州住藤原安重/伯耆守信高

ご注文番号:17149

大小:

———————–

大:拵え入り(保証:保存刀剣)

銘:紀州住藤原安重

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は紀州住藤原安重としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:65.3センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.12センチ
先幅:2.33センチ
重ね:0.73センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅が広く又先幅も広く重ね厚くがっしりとした刀で切先が延びた刀
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き所々地景が入る
鎬地:小板目肌に柾目に流れる
刃紋:錵出来、互の目乱れとなり尖りごころとなり
高低に変化があり帽子丸く返る。

特徴:紀州住藤原安重は紀伊の刀工で元禄頃に活躍する。
あまり見かけない刀工ですが越前新刀に似た作品で出来が素晴らしい。

拵:半太刀拵え
鍔:八角形の鉄鍔に耳を広くとり、ローマ字模様の文字を入れ
地には雲龍を布目象眼をほどこす。南蛮鍔
縁頭:、栗形、鐺等の道具は銀地
鞘:黒地石目風鞘
目貫:植物の図柄を赤銅で高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:当社のホームページには紀州住藤原安重がもう一振りが掲載されておりますが
刃紋が全くことなる相州伝を焼いております。本作は互の目乱れですので作風が異なり
かなり器用な刀工であったろうと考えられます。恐らく南紀重国にも私淑したと考えられます。 
あまり品物が存在しないのは著名な刀鍛冶の仕事の代作や手助けをおこなったと考えられます。 
拵えは大小セットの半太刀拵えで状態の良い作品と言えます。
大小拵えをお求めのお客様に是非御薦め致します。
なお刀にはほとんど瑕はなく状態の良い作品と考えます

———————–

小:拵え入り

銘:伯耆守信高(無保証)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は伯耆守信高(無保証)としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀一重
刃長:49.7センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.83センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.73センチ
時代:江戸時代延宝の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で反りやや浅く切先が延びる
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き綺麗な澄んだ地金となる。
鎬地:小板目肌に細かな柾流れ
刃紋:錵出来、匂口の深い互の目乱れとなり刃中、細かな砂流が入り帽子のたれて丸く返る

特徴:一見すると近江守久道や金道を思わせる作品で、
特に帽子の形態がのたれて丸く返る部分が良く表している。 
伯耆守信高と銘が有るが銘の疑問な部分があり、当社では銘の保証は致しませんが
匂口の深い互の目乱れは信高を超える様な作品であると思います。瑕欠点の無い作品です。

拵え
目貫:拵:半太刀拵え
鍔:八角形の鉄鍔に耳を広くとりローマ字模様の文字を入れ
地には雲龍を布目象眼をほどこす。南蛮鍔
縁頭:、栗形、鐺等の道具は銀地
鞘:黒地石目風鞘
目貫:植物の図柄を赤銅で高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄;真鍮地に魚子を打ち波の文様を七宝象眼をほどこす。
笄;真鍮地に魚子を打ち波の文様を七宝象眼をほどこす。

葵美術より一言:本作の作品の銘は保証出来ませんが出来も良く楽しめる作品です。
この大小の作品は良く出来た半太刀拵えで刀身の状態も大変良い状態で研磨もほどこされた。
作品です。大小セットの作品をお求めのお客様に是非御薦め致します。

———————–

葵美術評価鑑定:全身押し形

価格:650,000円(消費税、送料共)
商談中 HOLD


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




ページトップ ご注文フォーム お問合せ