大小:延寿宣次作(保存刀剣)

ご注文番号:AS22593
大小:白鞘入り(保存刀剣)

大:刀
銘: 延寿宣次作
昭和五十八年八月日
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は延寿宣次作としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:70.6センチ
反り:2.0センチ
目釘穴1個
元幅:3.31センチ
先幅:2.95センチ
重ね:0.74センチ
刀剣重量:925グラム
時代:現代 昭和58年8月日
体配:身幅が広く重ね厚く反りが深く切先が大きくのびた作品で表裏に棒樋を長く茎尻まで彫る。
地鉄:小板目肌よく練れて時沸がつきその板目肌が良く見て取れる。
刃紋:沸出来互の目乱れ刃区から横手まで続く帽子は互の目乱れが良く働く。

小:脇差
銘: 延寿宣次作
昭和五十八年八月日
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は延寿宣次作としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:48.6センチ
反り:1.0センチ
目釘穴1個
元幅:3.32センチ
先幅:3.0センチ
重ね:0.77センチ
刀剣重量:595グラム
時代:現代 昭和58年8月日
体配身幅が広く重ね厚く反りが深く切先が大きくのびた作品で表裏に棒樋を長く茎尻まで彫る。
地鉄:小板目肌よく練れて時沸がつきその板目肌が良く見て取れる。
刃紋:沸出来互の目乱れ刃区から横手まで続く帽子は互の目乱れが良く働く

特徴:延寿宣次は熊本県の刀工で谷川盛吉の門人で谷川博充と称し父親の谷川盛吉より刀の製作方法を学び技術を高めた。その結果奨励賞、優秀賞4回努力賞4回入選8回と大きな成果を挙げた。

葵美術より一言:大振りの見事な作品で製作され日が昭和58年8月日と同様な日付と刻まれております。大変評価された刀工です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

オークション開始価格:1,150,000円(消費税、送料共)

ご入札はこちら

—大—

—小—


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ