大小:国次(簀戸)/ 無銘(島田)

ご注文番号:15308

大小:

———————–

大:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)(特別貴重刀剣)

銘:国次(簀戸)

末古刀:紀伊
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は国次としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 金着一重
刃長:65.0センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.75センチ
先幅:1.77センチ
重ね:0.7センチ
時代:室町時代 永正の頃
体配:中心がやや短く身幅、重ね尋常な反りが深く付き片手打ちの体配をした刀。
地鉄:杢目肌の小板目肌が混じり地錵が付き淡い映りが立ち、精良な地金となる。
刃紋:小錵出来、直刃良く締まり、明るく冴える。帽子丸く先、焼詰めとなる。

特徴:国次(簑戸)の刀工で紀伊で活躍した永正頃の刀工で地金が良く
当時の永正時代の片手打ちの特徴を良く見てとれる。

拵:(保存刀装具)
鍔:赤銅地木爪型鍔に雲龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこし透かす。
縁頭:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:鮫皮(カイラギ、梅花皮)
目貫:伊勢エビの図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:国次(簑戸)は片手打ちの作品で永正頃の体配で地金が極めて良く
明るく冴えた直刃刃紋となります。一見すると来一派を又は延寿を思わせる地金となり
高技量の刀工と言えます。作風は直刃を得意として皆焼、互の目乱れも焼きます。  
本作は体配が良く品格のある作品と言えます。

———————–

小:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(島田)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(島田)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 銀一重
刃長:39.5センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.64センチ
重ね:0.58センチ
時代:室町時代末期
体配:薙刀を直した脇差で表に草の剣巻龍を彫り裏には梵字を彫る。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付く。
刃紋:錵出来互の目乱れ鎬地に達しさらに鎬地にも焼きが入る。

特徴:島田一派は相州綱廣の流れを汲んで義助、廣助等が活躍する。

拵:(保存刀装具)
鍔:赤銅地木爪型鍔に雲龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこし透かす。
縁頭:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:鮫皮(カイラギ,梅花皮)
目貫:伊勢エビの図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:薙刀風の脇差で表裏に彫りを入れる。
刃中に長い鍛え割れがあるが目立たず派手な働きとなり皆焼風となる。
大小セットの拵えは見事で鞘は鮫皮(カイラギ,梅花皮)出鍔は赤銅地で
雲龍の高彫りし金の色絵をほどこす。

———————–

刀に保存刀剣証書と特別貴重証書
脇差に保存刀剣証書
大小拵えに保存刀装具証書
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 1,150,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




脇差

ページトップ ご注文フォーム お問合せ