大小:因州鳥取久松山下住□谷蛟龍斎源義光鍛之/無銘(末関あたり)

ご注文番号:17643

大小:

———————–

大:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:因州鳥取久松山下住□谷蛟龍斎源義光鍛之

研磨済み
はばき : 金色絵一重はばき
刃長:65.6センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:1個
元幅:3.18センチ
先幅:2.08センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代末期頃
体配:身幅やや広く重ね厚く反りが深く付き切先が延びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ足が入り帽子乱れ込んで先尖って返る。

特徴:蛟龍斎源義は鳥取の刀工で上質な砂鉄を
使用して制作したと考えられ
本作は殊の外地金が良い。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に耳を立ち上げ波と飛ぶ鳥を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に人物の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

———————–

小:白鞘入り、拵え付き

銘:無銘(末関あたり)

研磨済み
はばき : 金色絵一重はばき
刃長:52.2センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.84センチ
先幅:1.75センチ
重ね:0.67センチ
時代:室町時代末期
体配:大摺上げ無銘の作品
地鉄:小板目肌よく詰んで無地風の地金となる。
刃紋:小錵出来、互の目乱れとなり二重、三重刃となり
刃中、砂流が盛んに働く。

特徴:地金と刃紋から末関を思わせる作品。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に耳を立ち上げ波と飛ぶ鳥を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に人物の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に牛の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

———————–

刀:保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定:全身押し形

価格: 850,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
委託販売規約、及び刀の買い取りについてをご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム




ページトップ ご注文フォーム お問合せ