十文字槍:武州下原住康重

ご注文番号:15914
十文字槍:拵え入り

銘:武州下原住康重

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は武州下原住康重 としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み
拵え全長:138センチ
刃長:20.2 センチ
反り:0.0センチ
目釘穴: 2個
元幅:1.97センチ
先幅:2.19センチ
重ね:0.53センチ
刀身重量: 190グラム
時代:江戸時代寛永の頃
体配:すきっとした体配の良い十文字槍です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が良く付きが付き綺麗な地肌となる。
刃紋:錵出来、直刃しまりごころとなる。

特徴:武州下原住康重は江戸時代初期より幕末まで11代続く刀工群です。
本作はその2代程の刀工であります。
室町時代末期から江戸時代を通じて、現在の八王子市恩方地区や
元八王子地区に住み、刀槍類を制作していた刀工集団のことを下原鍛冶といい、
この集団が製作した刀槍類のことを武州下原刀といいます。
下原鍛冶は大永年間の周重に始まります。周重の子康重は
小田原の北条氏康の「康」を、その弟照重は八王子城主
北条氏照の「照」をそれぞれ授かり、名乗りにしたと伝えられています。
後北条氏を後ろ盾に栄えた下原鍛冶でしたが、
後北条氏の滅亡後は、徳川氏の御用鍛冶 となり、
幕末まで刀槍類の制作を続けていくことになります。
本作は下原住康重 の薙刀で比較的健全で出来も良い作品です。
かつて刀剣博物館で勤務されておられた後藤氏は
武州刀にの権威で数多くの作品を蒐集されておられました。
     
拵:
樫の棒に鐺は鉄地で上段は青貝散らしとなりキャップは金唐草風となる。

葵美術より一言:武洲下原刀は下原鍛冶といわれる刀工群が制作した作品である。
十文字槍の作品は少なく鋭さがありお薦めしたい作品です。

保証:保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 250,000円(消費税、送料共)

落札者あり


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ