剣:白鞘入り(新々刀阿州祐芳)(下坂)

ご注文番号:AS20055
剣:白鞘入り(保存刀剣)(貴重刀剣)
銘: 無銘(新々刀阿州祐芳)保存刀剣 / 無銘(下坂)貴重刀剣

鞘書: 周重享禄元年 但馬守 川上作左衛門
北條早雲公也屋 中居又二次助所持

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(新々刀阿州祐芳) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:56.0 センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 2.75 センチ
先幅: 2.47センチ
刀身重量: 445 グラム
時代:江戸時代末期
体配:56.0cmと長い剣で薙刀風に鎬地を削ぎ落とし、
中に樋を彫る。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き柔らかな地金となる。
刃区から先に向かい長く映りが現れる。
刃紋:小錵出来直刃に小丁字乱れ小互の目乱れが交じり、
中程に力強い金筋が長く入り、出来の優れた作品です。

特徴:無銘 新々刀阿州祐芳と鑑定された作品ですが
これほど長い金筋の働く阿州祐芳見た事がなく珍しい。
なお近藤勇が所有していた愛刀に阿州祐芳が有ります。
切れ味に優れた作品をお薦め致します。  
私見ではやや時代が上がると考えております。
茎の形態も異なり樋の研磨状態も異なり
更に刃紋も異なると思いますが、
刀剣博物館の鑑定を尊重し新々刀阿州祐芳として販売致します。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

オークション開始価格: 280,000円

落札者あり



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ