剣:無銘(宇多)

ご注文番号:20443
剣:白鞘入り(保存刀剣)
銘:無銘(宇多)  

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重

刃長:23.0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.4センチ
重ね:0.51センチ
刀身重量: 140グラム

時代:江戸時代後期頃
体配:体配の良い剣です。
地鉄:小板目肌詰んで地沸が付き映りが現れる。
刃紋:錵出来、尖り呉の目を交え明るく冴えて
鎬地も同様な刃紋となる。
刃文:沸出来、直刃にのたれが混じり、帽子丸く返る。

特徴:一見すると古く見えるが茎の状態ですが
地金の詰んだ様子から江戸時代後期の作品と考えられます。

葵美術より一言:この拵えは江戸時代末期に良く見かける作品です。 両刃の作品は珍しく室町時代末期に流行していました。
江戸時代前期にはほとんど見かけず、江戸時代末期にまた少し流行しています。 殺傷能力が高い珍品の為、鑑賞品として好まれております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書
全身押し形

価格: 330,000円

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ