剣(槍): 河内守国助

ご注文番号:17608
剣(槍):黒鞘入り
銘: 河内守国助

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は河内守国助 としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長:3寸8分5厘(11.67センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.5センチ
重ね:0.56センチ
時代:江戸時代万治の頃
体配:元々は槍であったのを剣に変えた作品で
がっしりとした体配をした作品です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
所々薄錆がある。
刃紋:錵出来直刃で帽子、丸く返る。

特徴:本作は二代河内守國助による脇指である。
二代河内守国助は初代と三代に挟まれている所から通称「中河内」と呼ばれる。 
河内守国助は拳丁字で有名な刀工でありますが槍や剣は直刃出来が多い

葵美術より一言:がっしりとした肉置きの良い作品です。
恐らく仏教、神社等で使用された作品と云えます。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 120,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら


当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ