刀: 無銘(畠田真守)

ご注文番号:19218

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘: 無銘(畠田真守)

鞘書:備前国畠田真守 大摺上無銘也 乱映立つ肌合いに丁字と互の目乱れ
交り刃紋を焼き下半が賑やかで殊に差表は蛙子を交えて変化があり
畠田一類の特色を明示せり同工の守家の子と伝え作風は近似すがなを乱れが
小模様となる傾向ありて本刀は其の特色を示す特色を示す優品なり長貳尺
一寸五分半
探山識

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(畠田真守)としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着一重
刃長:65.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:4個
元幅:2、81センチ
先幅:1.86センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 520グラム
時代:鎌倉時代中期頃 正応 1288年
体配:大摺上げ無銘やや小振りの作品で表裏に棒樋と添樋を彫り反りが浅く切先が延びた作品
地鉄:小板目肌の小杢目肌が交り地錵が良く厚く付き映りが現れる。
刃紋:小錵出来丁字乱れに小互の目乱れが交り刃中、細かな砂流、金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先尖りごころに返る。

特徴:備前国畠田真守は守家の子で作風は良くにた作品です。
拵:
鍔: 木爪型赤銅無地
縁頭:赤銅地に灯籠、武者と鬼と戦う図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:金梨地に家紋を金で蒔絵をほどこす。
目貫:金無垢目貫

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

価格: 2,500,000円(消費税、送料共)

ご注文はこちら



当店では日本刀・脇差・短刀等の刀剣の買い取りや、委託販売、刀の下取りも行っています。
「委託販売について」、及び「刀の買い取りについて」をご参照下さい。
電話:03-3375-5553 お問合せフォーム
ページトップ ご注文フォーム お問合せ